サイトの関連説明


サプリメントは、病気を予防するために飲むものです。
欧米のサプリメントとは英語のSupplementのこと。食事を補う、栄養補助食品のことです。
米国では、1994年に成立したDSHEA法によって「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」として明確に定義され、形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、通常の食べ物の形以外のものとされています。医薬品と食品の間に立つ別のものとして明確に定義がなされているわけです。
通常の食事だけでは十分な量を補うことができないというのが現状です。それらは予防医学にも通じています。
予防医学を行う上で私たち人間は、必要とするビタミンCやビタミンE、ベータカロチンといった栄養素を合成する能力を持っていません。人間以外の動物は、これらを自らの体内で合成しますが、人間だけが外から摂取するしかないのです。

日本での健康食品とは、普通の食品よりも健康によいと称されている食品。食生活で十分に摂取することが難しい栄養成分などを補給する、食生活に対する補助的な役割。法令上明確な定義はなく。(栄養補助食品、サプリメント、機能性食品、マルチビタミン、特定保健用食品、栄養強化食品など)。現在、健康食品に関する単独の法律はなく、主に健康増進法、食品衛生法、栄養改善法、薬事法、景品表示法、特定商取引法などにより規制をうけます。形状は、錠剤・カプセル状・リキッドタイプなどのものがあります。「健康食品」には、抽出や濃縮などの加工により特定の成分を多量に含有するものがあり、これらを過剰に摂取することで健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 商品に表示されている摂取目安量の範囲で利用してください。 また、複数の「健康食品」を利用する場合、気づかないうちに同じ成分を重複して摂取してしまうことがあります。過剰摂取を防ぐために、それぞれの製品の含有成分を確認しましょう。




アメリカでは、国民の5人に1人が肥満と言われており、生活習慣病などの危険が高いという現実があります。そのため、日本に比べて予防医学が発達しており、健康管理に対する意識が広く普及しています。また、アメリカには日本のような国による保険制度がなく、民間の保険会社が運営管理しています。そのため、保険加入は高額になり、アメリカ国民の2〜3割は保険に加入していないそうです。保険に加入していない人が病気になると高額な医療費がかかってしまうことになります。そこで、少しでも医療費を抑える=病気にならないようにする、という考え方があたりまえになっているようです。

アメリカのサプリメントは症状を明示して効果をうたうことは出来ます。(明確に病名をあげて効果をうたうことは出来ません) 日本ではこの栄養補助食品という定義はありません。 食品か薬品かです。 ですから日本の物は説明がないため全く訳がわからず、アメリカ製の物は自分にあった物を選ぶことが出来ます。 みなさんもためしに日本製のビタミン剤を見てください。 もし効能があるとすれば、それはサプリメントではなく薬品です。日本のビタミン、ミネラルのサプリメントの多くは含有量が低すぎて、飲んでも無駄と言う物や、安価な合成栄養素を吸収について全く考えず単品で売っている物が多いです。






カテゴリーリンク



サイトマップ

ホーム

健康食品





日本でも、生活習慣病が増大しています。たとえば、糖尿病はかれこれ750万人、すでに、そのケの出ている予備軍を含めると1550万人に迫っています。  
高血圧、またガンも生活習慣病ですが、これらの病気の誘因でもある病的肥満に近づいている人も一説に2000万人という大変な数字になってきています。深刻な問題は、多くの子供がここに入っていることです。  
 
健康保険の自己負担が3割に引き上げられた上、保険料の負担額もまだ高くなります。この背景には国の医療費の増大というかつてのアメリカと同じ苦悩が存在します。  だから、この辺で栄養補助食品について、病気の予防という観点を明確にして、国民が分かりやすくサプリメントの選択ができるよう、栄養の面から「病気予防」の国民運動を展開することが、国家財政の上からも必要な時期なのです。


デトックス (Detox) とは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法
デトックスとは、英語で「解毒」という意味です。現代は生活環境、食習慣などから体内にどうしても不要な有害物質が入ってきます。デトックスを行うことで、体内に蓄積された有害毒素を排出し、健康増進を図るのがデトックスの目的です。有害毒素は脂肪や内臓に蓄積されることが知られており、デトックスすることで、ダイエット、健康維持につながると考えられています。
デトックスは、ニューヨークのセレブ達の間で新たな美容ダイエット法として話題を呼んでいます。日本でもテレビや雑誌などで取り上げられる機会が多くなっています。デトックスで体内の毒素(老廃物)を一掃するだけでも、免疫機能が正常になり、新陳代謝が活発になり、腸内環境も整えます。肌トラブルや便秘を解消することができたり、むくみ体質や冷え性も改善するでしょう。





美白とは、くすんだ肌に透明感を与えることや、ビタミンCなどのメラニン生成過程に働きかけるもので、その生成を阻止することなどがある。美白剤には、こうした働きをする成分が配合されている。

メラニン色素を何らかの形で抑制し、しみ・そばかすに効果があるとして医薬部外品に 美白成分として許可されているのは、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、エラグ酸、アルプチン、カモミラET,ルシノール、コウジ酸の7つあいります。

トレチノインとは、ビタミンAのことです。 まず、皮膚に対しては、皮膚のターンオーバーを早くします。 また、皮脂腺の活動を調整する働きがあり、皮脂の過剰分泌がある場合は、強く皮脂の分泌を抑制してくれます。 にきびの治療の場合、ターンオーバーが早くなることにより毛穴が詰まりにくくなり、また、皮脂の過剰分泌がおさまるため、今できているにきびも、早く治るようになるし、新しいにきびも出にくくなります。肌質は柔らかくなり、ざらつきも取れてくるし、毛穴の開きもある程度改善されてきます。











カテゴリーリンク



/サプリメント  /パワーサプリメント  /美容・ダイエット  /アロマセラピー  /美容・美白 /新着情報
   /海外の医薬品 /スポーツサプリメント /黒髪・育毛サプリ  /育毛サプリ  /お問い合わせ /おすすめ リンクサイトへ  
   /漢方     /Jason C処方  /IQサプリメント  /医療用きのこ /CoQ10 /デトックス (Detox)  /マイクロ・ライト
 /アルファリポ酸 /アミノ サプリ   /美容ピーリング  /目の健康アイケアー(ドライアイ) /新製品ダイエットサプリ

医薬品(個人輸入)




感染症情報  国立医薬品食品衛生研究所 国立がんセンター 厚生労働省 国立国際医療センター メンタルヘルス・アイ  健康・医薬(日経NETへ参照) ドラッグナビ・医薬(日経NETへ参照) サプリメントナビ(日経NETへ参照) 国立感染症研究所 感染症情報センター   病院検索ポータルサイト 健康ホームページ(NHK)  おくすり110番 医薬品検索  (財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所   (財)東京都老人総合研究所