セントジョンズウオート
St John's Wort 900mg 大容量
1日、1粒
セントジョンズワート (オトギリ草) 
ST. JOHN'S WORT 

セントジョンズウォート(セイヨウオトギリソウ)は、脳内のセロトニン濃度を高め、鬱症状を抑えるとされています。
セントジョンズワート オトギリ草 St Johns Wort セントジョーンズワート 抗鬱剤

オトギリ草セントジョーンズワート

抗鬱剤セントジョンズワート

オトギリ草セントジョーンズワート

抗鬱剤 ントジョンズワートオトギリ草

メディカル・ハーブ


St. John's Wort
900 mg 60 tabs

900mg 大容量 通常の3倍
セントジョーンズ・ウォートはメディカル・ハーブ
抗鬱剤として最も多く用いられている天然ハーブです。

不安感や、ストレス、精神的緊張を和らげ、幸福感を増すのに役立ちます。
不安感、虚無感、ストレスなどから来る食物への欲求を鎮めるのにも役立つのでダイエット製品としても最適です。



不安やストレスを避けて生活することができない時代、ストレスは、精神的、肉体的に余計な負担を感じることで起こります。ストレスがない人は少ないと思いますが、仕事や人間関係、千差万別です。
現代社会ではストレス自体を避けるのは難しいのかもしれません。

セントジョーンズ・ウォート
軽い鬱、軽い不安感、ストレス、精神的緊迫感を緩和し幸福感を高めることを意図して配合された製品です。
PMS(月経前症候群)および閉経後の憂鬱な気分を経験している女性にも最適です。

大容量 900mg 60 tablets
Source Naturals
Extract 900mg. /1tabs
Hypericin (0.3%) 2.7 mg, (Hypericum perforatum).
1回1 カプセルを1日1回を目安に、 お水またはお茶などでお飲み下さい。
又は、ヘルスケア専門家の指示に従ってください。
他の抗鬱剤を使用中の人、妊婦はこのハーブ製品の使用は医師に相談してから使用してください。
* 他の健康食品(ビタミン類等)と併用されても問題ありません。
IUS_8086 お子様の手の届かないところに保管してください。涼しく乾燥した場所に保管してください。
*直射日光・ライトなどを避け、涼しい場所に保存して下さい。  


価格についてもこちらをご覧下さい。



メディカル・ハーブ セントジョーンズ・ウォート
セントジョンズウォート(セイヨウオトギリソウ)は、脳内のセロトニン濃度を高め、鬱症状を抑えるとされています。

*ハイペリカムという形態のセントジョーンズウォートからの抽出物が含まれており、ヒペリシン2.7mgを配合します。
セントジョーンズ・ウォート・ハーブ900mgに相当します。セントジョーンズ・ウォートは精神安定剤、抗鬱剤、不眠症治療薬として数世紀前から用いられてきました。
医薬品プロザックなどで見られる副作用のほとんどない天然ハーブです。
*末梢血行促進・抗酸化に効果がある銀杏葉エキスが含まれています。
このハーブは、血行不良に起因する不安感、緊張性頭痛、思考力・記憶力減退などを緩和・改善する作用があります。*情動を安定させるL-チロシン、L-グルタミンが含まれており、ダイエットなどのストレスが大きい環境では不足がちになります。*情動を安定させるマグネシウムが含まれており、マグネシウムは通常の食事では不足しがちなミネラルです。 セントジョーンズ・ウォート
軽い鬱、軽い不安感、ストレス、精神的緊迫感を緩和し幸福感を高めることを意図して配合された製品です。PMS(月経前症候群)および閉経後の憂鬱な気分を経験している女性に最適です。情動障害の沈静にも役立ちます。 不安やストレスを避けて生活することができない時代です。ストレスは、精神的、肉体的に余計な負担を感じることで起こります。汚れた空気や、農業、薬品、タバコ、それに激しい運動などもストレスの原因になります。ストレスがない人は少ないと思いますが、仕事や人間関係、そして意外にもダイエットを続けられない大きな理由にもなり、千差万別です。現代社会ではストレス自体を避けるのは難しいのかもしれません。 ストレスをそのままにしておくと、あなたの体を確実に体を壊します。代表的なのは胃潰瘍。これはストレスが脳を刺激して様々な活性物質を出すことによって起きた悪い結果です。その上ストレスがかかると、体の防衛システムが働き、特定の栄養素が大量に消費されてしまいます。ストレスに負けない体を作るには、1つはストレスに対抗できる栄養素を十分取ること。もう一つはストレスを感じにくい体質にすることです。 イライラして間食ばかりしていると、糖分を燃やすのに必要なビタミンB1が不足になり、神経系に異常をきたして情緒不安定になりやすくなります。ビタミンB群はいずれも神経系の働きを整えるため、必須です。またストレスはビタミンCを大量に消耗してしまいます。ビタミンCの消費が加速し、脳細胞の成分に酸化が起こって働きが低下することもわかっています。
その上、ビタミンB群やCは水溶性のため、体内に長時間保存することができないので、定期的に補給したい栄養素です。
ストレス源から遠ざかるとともに、サプリメントの併用をお薦めします。

欧米では精神安定剤ではなく、ハーブやビタミンのサプリメントを摂る人は少なくありません。不安を感じたり、緊張したりするのは、脳の中の感情をコントロールする仕組みのバランスが傾くためで、最近ではこうした生理的な仕組みが科学的に解明されて昔から伝統的に使われてきたハーブの科学的効果が注目されています。またリラックスしたい時に、アルコールや鎮静剤を使用する人もいますが、効果は確実ですが、注意力や集中力が失われてしまいます。しかしハーブの場合はこのような副作用がありません。セントジョーンズワート(セントジョンズワート、セントジョーンズウォート、西洋オトギリ草、セイヨウオトギリソウ)おとぎり草(セントジョーンズワート)の抽出物の品質は、ヒぺリシンの内容が基準に達しているかどうかなどが問題になります。ヒぺリシンは1日に0.75mgと2.7mgの間で供給されることが、抗鬱、そして抗ウィルス作用にとっての標準です。過去15年間で数々の臨床研究が行われ、良い結果が得られてきました。あなたが重役であれ、学生であれ、更年期の女性であれ、鬱に苦しんでいるのであれば、おとぎり草はあなたに必要なハーブです。鬱の原因が食事の問題、人間関係、ストレスなどであり、それを解決しようと心掛けることがもちろん最善ではあります。しかし、自然に脳への神経刺激を加え、オトギリソウにより鬱や不安感が改善されていくのもよいことでしょう。

薬のような副作用が少ないので、ダイエット中のイライラにも効果的なので試してみるといいでしょう。


【厚生省医薬安全局】の「セントジョーンズワート」に関する報告

【ご注意】 3月10日付けにて日本薬剤師会ページにて上記商品の医薬品との相互作用の可能性についての案内が掲載されましたので、良く読まれた上でご使用下さい。

健康食品「セント・ジョーンズ・ワート(St John's Wort:セイヨウオトギリソウ)製品」で重大な相互作用の可能性

英国において、医療関係者並びに市民に対してセント・ジョーンズ・ワート製品と医薬品との相互作用について注意喚起が行われました。
 この注意喚起によれば、セント・ジョーンズ・ワート製品に含まれる成分が薬の分解に関与する酵素の活性を高めるため、ある種の医薬品の血液中濃度が十分に上がらず、治療効果が減弱されるおそれがあるということです。
 また、セント・ジョーンズ・ワート製品は、英国や米国では医薬品としては認められていませんが、ドイツでは抗うつ剤として使われており、その作用機序は、最近日本でも承認されたSSRIと同様に脳のセロトニン作動性神経を活性化するといわれています。したがって、SSRIと併用した場合には、セロトニンによる作用が増強され、副作用が現れやすくなると指摘されています。
 日本でも通販等でセント・ジョーンズ・ワート製品が販売されています。もし、下記に記載した医薬品とセント・ジョーンズ・ワート製品を併用されている方は医師または薬剤師に是非ご相談下さい。

HIVプロテアーゼ阻害剤(インジナビル、サキナビル、リトナビル、ネルフィナビル)、HIV逆転写酵素阻害剤(エファビレンツ、ネビラピン) 医薬品の血中濃度レベルが低下し、HIV抑制作用が減弱されている恐れがあるので、医師の検査を受けるとともに、セント・ジョーンズ・ワートの中止について医師に相談下さい。
ワルファリン、ジゴキシン、テオフィリン、シクロスポリン、抗てんかん薬(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール) 医薬品の分解が促進され、作用が弱まっている恐れがあるが、セント・ジョーンズ・ワートを急に中止すると分解促進作用がなくなるため、医薬品の血液中濃度が高くなりすぎる危険性があります。医師の検査を受けながら中止の判断を仰いでください。時には薬の量の調節が必要になるかもしれません。
経口避妊薬 避妊効果が得られない恐れがありますので、セント・ジョーンズ・ワートの使用を中止して下さい。
SSRI(マレイン酸フルボキサミン) 副作用が現れやすくなる恐れがあります。セント・ジョーンズ・ワートの使用を中止して下さい。

英国 Medicines Control Agency より




脳内改善サプリ
サイコトロピン(Psychotropin) ギンコ24 (GINKGO-24) ブレイン・ペップ ブレイン・ライトニング セントジョンズワート(オトギリ草)  L-セアニン  ポジティブ・ソート(前進展開の思考) DMAE (130mg, 200tabs) メンタル・エッジ ブラミ  アーユルベータ  ナイト レスト NIGHT REST ハイアーマインド   メガ・マインド  5-HTP 5-HTP ギンコ ・プラス イチョウ葉エキス  ギンコ ビローバ L-フェニルアラニン ビンカミン   カバ カバ   ピクノジェノール   フォスファチジルセリン  フォスファチジルセリン  ニュトラ・スリープ   ハイペリカム   ハイペリカム + チロシン  S・O・D キャッツクロー  ギャバ ガバ  コリン+イノシトール   ウエル マインド ウエルマインド   ビンポセチン  イエロースオーム  オキュダイン Ocudyne パーティーピル2 ライフ・フォース マルティプル  テアニン・セリン + レロラ配合  カルノシン  アテンティブ・チャイルド  多動症 ギャバ  750 mg  ギンコビローバ   サメ SAM-e CoQ10+B3+NAD補酵素  R-リポ酸  Rリポ酸  Rリポ酸  アルファリポ酸 200mg アルファリポ酸 300mg アルファリポ酸 300mg タイムリリース アセチルL-カルニチン + アルファリポイック酸 アルファーリポイック酸カプセル ペリコン博士のアルファリポイック酸  CoQ10(コエンザイムQ10) CoQ10(ビタミンE 配合) L-メシオニン  パントテン酸  L-システイン粉末  L-アルギニン  L-アスパラギン酸 パウダー  アルギニン・パイログルタメート・リジン アルギニン・オルニシン・リジン アルギニン・オルニシン・リジン  アミノ ゴールドAMINO GOLD  Lカルニチン  サメ  L-チロシン L-オルニチン  Lチロシン  L-オルニチン DMAE L-グルタシオン L-グルタシオン+ C  Vitamin C セレン-E L-フェニルアラニン L-タウリン  タウリン L-タウリン   テアニン+セリン Theanine + Serene テアニン・セリン + レロラ配合  マルチ ビタミン ミネラル スーパー アミノナイト  グルタミン   グルタミン・パウダー アラニン・パウダー  アミノ・デイ  アミノ バイタル  プロザック Prozac





この植物がこと特別な何かとして発見された最初の手がかりは、ラテン名と通常の名前の両方から読み取ることができる。ラテン名であるセントジョンズウォート、これはギリシア語に由来し、「幻影」を超えているという意味です。ハーブは体に悪いものを防ぐ働きがあるということは昔から信じられていました。おとぎり草はセントジョーンズワートという名前の方が知られています。赤い部分(植物の葉の上のオイルスポット)は聖人の血を象徴していて、そして彼の打ち首の記念日に現われると思われていました。この植物は、セントジョーンズの誕生日かその頃に咲くのです。抗鬱剤としてのおとぎり草への認識はかなり高まりました。おとぎり草中の主な混合物は、ヒペリシンとプセドヒペリシンというものです。これらは抗ウイルス性の作用を持ちます。ヒペリシンとより小さい範囲でのプセドヒペリシンは、成熟したウィルスの不活性化によりウイルス感染と戦います。そして、感染したウィルス細胞の通常の生殖を禁じることでもウィルス感染を防ぐでしょう。それらがヘルペスタイプ1と2、インフルエンザタイプAとBを含んでいる包まれたウィルス(脂質膜で囲まれたウィルス細胞)に対して効力を持ちます。そして、慢性の疲労シンドロームを引き起こすエプスタインバーウィルスを含むその他のウィルスに対しても有効です。ヒペリシンには、エイズウィルスを含むレトロウィルスに対しての潜在的作用があります。ヒペリシンにはより多くの研究が必要ですが、エイズを引き起こすようなウィルスに対しての潜在的な力があると考えられます。

アロパックスAropax セレクサCelexa フルオックスFluox プロビジルProvigil-modafinil プロザックProzac セルゾンSerzone ウエルバトリンWelllbutrin

フルオキシテンFluoxetine_プロザックのジェネリックprozac