羊プラセンタカプセル羊プラセンタカプセルMF3羊プラセンタMF3

プラセンタカプセルMF3

若返り(アンチエイジング)に羊プラセンタのカプセル Made in Switzerland

e-world in your hands  (STAR-LIN Herb Corp.,USA) 海外の個人輸入情報サイトです。
検索結果を表示


美容・美肌・若返り(アンチエイジング)に羊プラセンタのカプセル MF3 Sheep Placenta

濃縮羊プラセンタエキス:ドクターズ・プラセンタ 1740mg/1カプセル  

Made in Switzerland
美容・美肌サプリメント MF3ドクターズ-プラセンタ
プラセンタ 1740mg/1cap
濃縮羊プラセンタエキス:濃縮羊プラセンタエキス 400mg(20倍8000mg)、海洋性プロテイン 200mg、ビタミンC 120mg、大豆油 458mg、ミツロウ 27mg、バター脂肪 35mg、大豆レシチン 20mg、魚ゼラチン 293mg

Made in Switzerland
PL-001 プラセンタ 30カプセル1箱 18,000
PL-002 プラセンタ 30カプセル2箱 35,000
PL-003 プラセンタ 30カプセル3箱 53,000
PL-004 プラセンタ 30カプセル4箱 69,000
Dom AVMM ドクターズ・プラセンタ
1粒1740mg×30粒 約1ヶ月分
15年以上の研究、開発により作られた最も完璧な
アンチエイジングサプリメント Made in NewZealand
植物性プラセンタ
Made in Switzerland

美容・美肌サプリメント MF3ドクターズ-植物性プラセンタ
植物性プラセンタ 1780mg/1cap

植物性プラセンタを採用したアンチエイジング
Made in Switzerland
PL-011 植物性プラセンタ 30カプセル1箱 21,000
PL-012 植物性プラセンタ 30カプセル2箱 39,600
PL-013 植物性プラセンタ 30カプセル3箱 58,500
PL-014 植物性プラセンタ 30カプセル4箱 77,200
Dom AVMM ドクターズ・植物プラセンタ
1粒1780mg×30粒 約1ヶ月分 Made in NewZealand
プラセンタMF3羊プラセンタカプセルのプラセンタ活性細胞セラピーとは、
活発な生気に満ちた羊の細胞をヒトの細胞に注入して、 美肌・若返りと活力みなぎる体を作る。
飲むごとに若返るMF3 スイスのドクターが長年掛けて開発したMF3羊プラセンタカプセル羊の濃縮プラセンタ細胞がカプセルに保存される技術を開発!


MF3 BlueCell Plus(MF3ブルーセルPlus高級美容液)30ml/ 1箱
商品No 商  品  名 / 数 量 価 格
MF3P-001 MF3 BlueCell Plus
(MF3ブルーセルPlus高級美容液)30ml/ 1箱

細胞活性による皮膚の若返り
各種植物エキス、ヒアルロン酸、及び必須脂質を配合した美容液です。MF3ブルーセル高級美容液プラスでは、新たに下記の5種類の有効成分が追加され、従来の製品より効果が期待できるようになっているということです。
/1箱 24,000円
MF3P-002 /2箱 47,000円
MF3P-003 /3箱 70,000円
MF3P-006 /6箱 139,000円
Made in Switzerland
直行便 海外より純正品をお届けいたします。

MF3 BlueCell Plus
(MF3ブルーセルPlus
高級美容液)30ml/ 1箱
有効成分が追加され、より効果が期待できるようになっています。
夜お休みの間に栄養分を与え、活性化させ蘇らせます。
朝、目を覚ますたびに肌が生き生きとしてきます。



プラセンタ・カプセル (Placenta 10000mg) 60caps
商品No 商  品  名 / 数 量 価 格
NZP-001 プラセンタ10000 (Placenta 10000) 60caps


成分Ingredients: 1capsule Contains:
Ovine (Sheep) placenta 10000mg

コラーゲンやヒアルロン酸などで効果にイマイチ納得ができないというのであれば、これを試してみてください。
/1ボトル 6,400円
NZP-003 /3ボトル 16,800円
NZP-006 /6ボトル 28,000円
NZP-012 /12ボトル 54,000円
Goodhealth Made In NZ(ニュージーランド)
(安全の高品質) 安全・高品質を証明する国際基準のHACCPや、1960年から米国で採用された適正製造規範のGNPをクリアーした、安心安全の高品質です!!
直行便 海外より純正品をお届けいたします。

プラセンタ10000
(Placenta10000)
1日1粒を目安にお召し上がり下さい。
コップ1杯の水と一緒に食後にお召し上がりください。
その他、水または、ぬるま湯と一緒にお召し上がりください。




レチンA クリーム Retin-A   シミや色素沈着用クリーム

トレチノイン  レチノール酸

↓特別セール 6本セット 

レチン-A クリーム

レチノ-A (レチンAクリーム Retin-A  
0.025% 成分濃度0.025% 10g
RT-001 0.025% 10g  1本 4,400
RT-002 2本 7,000
RT-003 6本セット 18,000

0.025% 成分濃度0.025% 20g
RT-004 0.025% 20g  1本 7,400
RT-005 2本 13,000
RT-006 6本セット 34,000

0.05% 成分濃度0.05% 10g
RT-011 0.05% 10g  1本 6,400
RT-012 2本 11,000
RT-013 6本セット 27,000


0.05% 成分濃度0.05% 20g
RT-014 0.05% 20g  1本 8,400
RT-015 2本 15,000
RT-016 6本セット 37,000


成分濃度0.025%








成分濃度0.05%


レチン-A (トレチノイン クリーム)




レチン-A (トレチノイン クリーム)

直行便 海外より純正品をお届けいたします。


美白 レチン-A (トレチノイン クリーム)







     * お申し込み・問い合わせフォーム   *簡易 お申し込み書です。  
 
商品名No,(内容)等を
記入してください。

ここに記入ください。

Mail/メールアドレス * * ← E-mail 半角英数
*
*(再度入力)
       性別 男性 女性
ここは、申し込み用のみ→
お名前・お届け先など ご記入下さい/
確認メールを送信します。
  
                              
 
    ご要望やご質問などありましたら連絡ください。                  直ちに、返信メールを致します。  
 
配送及び通信販売の法規に基づく表示

お申し込みの場合は、詳しい内容を送信致します。


今日は
 









検索結果を表示

海外からの送料のみ、ご負担願います。(製品価格+送料一律600円)
 
関係法令により、具体的な使用方法、症状に関する医学的なアドバイスはできません。
到着後の商品に関する責任は、その一切がお申し込みになられたお客様ご自身に帰することを予めご了承ください。内容の如何に関わらず、弊社はその責任を負いません。

第68条( の効能等の表示の規制) 
よって、
輸入される商品は十分理解された上で、お客様ご本人の責任において ご使用下さい。
に関する詳しい説明・取り扱い等は、お近くの薬剤師・医師へご相談下さい。
お問い合わせはこちらへ
 (STAR-LIN Herb Corp.,USA)

Copyright(c)1999-2000 Starline Herb Corp,All Rights Reserved,





MFIIIプラセンタカプセルは、15年以上の研究、開発を経た、最も完璧な老化防止作用と細胞活性化作用を持った経口栄養補助剤(サプリメント)です。  
プラセンタ MF3 プラセンタとは「胎盤」から抽出した物質
話題のMFIIIとは、ついにあなたは3週間以内に若返り!世界のセレブも認めた効果と信頼性。あらゆる老化現象、倦怠感から開放いたします。若返りプラセンタ MF3 スイスのプラセンタによるアンチエージング。若返り・老化防止のロールス・ロイス的サプリメントです!世界最先端の技術を誇るスイス アンチエージングを是非お試しください!
プラセンタ MF3羊プラセンタカプセルのプラセンタ活性細胞セラピーとは、 活発な生気に満ちた羊の細胞をヒトの細胞に注入して、 若返りと活力みなぎる体を作る行為になります。
MF3羊プラセンタカプセル ☆☆☆ スイスの最高級プラセンタ ☆☆☆ 羊プラセンタが大人気! ☆☆☆ MF3羊プラセンタカプセル,通販 MF3羊プラセンタカプセル MF3 MF3羊プラセンタ,通販
MF3羊プラセンタカプセル MF3羊プラセンタカプセル原材料名 羊プラセンタ400mg(濃縮20倍 8000mg相当) 海洋性プロテイン200mg  ビタミンC120mg 大豆油458.28mg ミツロウ27.22mg バター脂肪34.5mg 大豆レシチン20mg 魚ゼラチン293.4mg グリセリン74.8mg ソルビトールシロップ70.4mg  精製水206.31mg カラメル色素0.354mg カロテン色素1.448mg カプサイシン色素0.651mg ベタニン色素0.354mg






「トレチノイン」と「ハイドロキノン」について
トレチノイン、ハイドロキノンは、しみ・小じわ・ニキビなどに効果的な新しい治療法です。
トレチノイン(レチノイン酸)ビタミンA(レチノール)の誘導体です。

ビタミンAがお肌の若返りに非常に有効であることは皮膚科医の間では常識となっています。トレチノイン(オールトランスレチノイン酸、レチノイン酸)は、ビタミンAの誘導体で、生理活性はビタミンAの約100〜300倍と言われています。トレチノインは米国では、しわ、ニキビの治療薬としてFDA(米の厚生労働省にあたる)に認可されており、多くの患者さんに使用されています。

トレチノインとは、肌細胞を健康にするために不可欠なビタミンA誘導体です。肌細胞の分裂、分化を促進し、細胞レベルで健康な肌へと導きます。また、表皮のターンオーバーを促進し、ヒフの色調を改善。これらの効果は単独で使うより、ハイドロキノンやAHA、フィチン酸などを組み合わせることでより高まります。
また、もともと血液中にごく微量流れているものなので、アレルギー反応を起こすということがありません。
・皮膚の角質をはがす。
・表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促す。その際、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に押し出してしまう。
・皮脂の分泌を抑える。
・コラーゲンの分泌を高め、皮膚の張り、小じわの改善をもたらす。
・表皮内の粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。  などの効果があります。
トレチノインは、コラーゲン増生を促す数少ない薬ですので、しわにも効果が期待できます。目じりなどの深いしわの場合は、少なくとも3ヶ月は使用する必要があります。また、使用開始すぐは、皮剥けがひどくなることがありますので、プロペトなどの保湿剤による十分な保湿が必要です。

ニキビは、皮脂腺の機能が亢進するとともに、毛穴の入口に角質が異常に厚くなり蓋をすることによって起こります。トレチノインは、皮脂腺の機能を低下させ、角質をはがす作用があるため、ニキビ治療に大変効果的です。にきびが十分に改善した後も、引続き治療をすることによって、ニキビ後の赤みも消えていきます。

トレチノイン使用中は、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。そのため、紫外線のケアが悪いとかえってしみを作る事になりかねません。刺激の少ない、紫外線吸収剤が入っていないタイプのサンスクリーンを使ってください。当院で扱っております。また、皮膚の角質層がはがれるため、皮膚のバリアー機能や水分保持機能がなくなった状態にもなっています。乳液や保湿剤で十分なケアをする必要があります。保湿、紫外線ケアをした上で、普段通りにメイクして結構ですが、できれば遮光用ファンデーションなどを使用してください。



美容・美白
 美白のエルドキン・クリーム レチンAのピーリング効果トレチノイン のレチン−A 美白のハイドロキノン・クリーム 美白のユークロマ・クリーム AretHC美白クリーム カイネレース 美白のプリベージ ヒアルロン酸溶液 + HGH ラストラ スキンシューティカルズ OLAY・オーレイ ナチュラ ビセ Dr.ペリコン Z. ビガッティ グライダーム(カイネレース) ドクター ブラント スキンケア ジェイソン-ビタミンC処方 オールメイのカイネチン植物性ホルモン 
オバジ トナー オバジ サンフェダー オバジ クリアー オバジ トレチノイン  オバジ認定トレチノインクリーム0.05%  オバジ認定トレチノインクリーム0.1% OBAGI   



皮膚のうるおい
・ 皮脂(皮脂腺から分泌される脂)
・ 天然保湿因子(角質層にあるアミノ酸、塩類など)
・ 角質細胞間脂質(角質細胞間の脂)
  という3つの物質によって一定に保たれており、外から有害なものが入ってくるのを防ぐ働き(バリアー機能)を維持するのに大切な要素となっています。
  空気の乾燥、皮膚の洗いすぎ、生活リズムの変調、ストレス、遺伝的要素などによってバリア機能に異常が起こると皮膚の表面の潤いがなくなりガザガザとした乾燥した皮膚になります。 スキンケアとは、皮膚を健康に保つための日常の注意事項のことで、適切なスキンケアを行うことで皮膚の病気を防ぐことが出来ます。

 そこで・・・皮膚の健康を保つためのポイント

1 規則正しい生活、ストレスを溜めないように。
2 十分な睡眠とバランスの良い食生活。
3 お肌はいつも清潔に、ただし洗いすぎないように。
4 乾燥肌の人は風呂上りに保湿剤を。
5 お肌に合わないものは身につけないように。
6 部屋の掃除はこまめに。
7 冷房・暖房のし過ぎや、部屋の乾燥に注意。



正しいスキンケアとは、ご自身のお肌の状態をよく知り、必要な基礎化粧品を 効果的に 使用することだといえます。


1)肌の構造を知る。


皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つからできています。

表皮:皮膚のいちばん外側にあり、約3mmという厚さで角質層、顆粒層、有蕀 層、基底層の4つに分かれます。
皮膚の表面を覆う表皮は、一番下の基底層で生まれ、少しずつ上へと押し上げられ、角質層に達した後、垢に なってはがれ落ちます。

真皮:表皮の下にあり、栄養分を表皮に送ります。

皮下組織:繊維質と皮下脂肪から成り立ち、筋肉や骨を外部の刺激から守るクッションの役割をしています。
また、体温の放出を防いだり、皮膚に栄養を送る源にもなっています。

2)皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)

基底層で生まれた表皮細胞が角質層に達し、最終的に垢となって はがれ落ちることをターンオーバー といい、 その周期は約28日間といわれています。 ターンオーバーを繰り返すことで、肌はみずみずしさ を保っています。
中でも角質層は肌の潤いを保つために、健康な状態で15〜20%の水分を含んでいます。 この角質層の 機能が低下すると肌のかさつき・小ジワの原因になります。
また、角質層の表面は、皮脂膜という水と脂のベールで覆われています。
皮脂膜は外界からの皮膚刺激をシャットアウトするはたらきをもっています。
健康な人なら、石けんで洗っても10分程度で皮脂膜は再生します。
それが、30分以上もかかってしまうといろいろな刺激が皮膚を直撃します。
肌はカサカサになり、すぐにかぶれたりします。
このようなトラブルをもった肌を一般的にアトピー肌(アトピー性皮膚炎とはちょっと違います。) といいます。

3)お肌の敵は

紫外線 :お肌の乾燥や炎症などをひき起こす紫外線。
紫外線は、UV-A・UV-B・UV-Cに分けられます。
UV-Cは波長が短いため地表までは届きません。しかし、UV-A・UV-Bは、 お肌の細胞を傷付けて炎症を起こしたりします。
UV-A: 波長の長いA紫外線は、急激な作用を起こさせないかわりに肌の奥まで入り込み、じわじわと肌にダメージを 与え、しわ・たるみの原因となります。窓ガラスや雲なども通すので、家の中でも曇りの日でも私たちの肌に 届いています。 一般に生活紫外線と呼ばれるものです。
UV-B: 波長の短いB紫外線は、肌表面に強く作用し赤く炎症を起こすほか、シミ・ソバカスや皮ふガンの原因となります。 海水浴などでおこる急激な日焼けの原因でレジャー紫外線とも呼ばれています。
日焼けで肌が黒くなるのは、肌の色を決定するメラニン色素が増産されるためで、 長時間紫外線を浴びるとこのメラニン色素が過剰に作られるのです。 通常なら、メラニンは古い角質となり、垢となって剥がれ落ちますが、代謝機能が低下すると、 皮膚に溜まり、しみの原因となってしまいます。 この他にも紫外線は、肌の水分を奪い、真皮にあるコラーゲンなどを変性させて、 お肌の弾力を失わせ、しわやたるみの原因を作ります。

汚れ :油溶性の汚れ皮脂の老廃物、肌に残留した化粧品成分、排気ガス、タバコに含まれるタール物質、水溶性の汚れ汗の成分、肌に残留した化粧品成分、表皮細胞の水溶性アミノ酸、NMF成分などの老廃物 不溶性の汚れ砂泥、メイクアップの残留物、生活環境のゴミやほこり、垢、皮膚常在菌など

4)スキンケアの基本

お話が長くなりましたが、以上のようにお肌の敵は、紫外線と汚れがポイントです。
もちろん、その他の要素、ストレス、不眠、生理、なども重要ですが、そちらの方は医学的治療(お薬やアロマテラピーなど)の分野なので、ここではチョット省略。
洗顔と紫外線の防止、これが大切です。
なかでもとりわけ重要なのが、洗顔。・・・だれでも知ってますよね。
でも、クレンジングをきちんとやっているでしょうか?
(汚れ)の項目を見てください、油溶性の汚れは洗顔フォームだけでは落ちません。
素肌だから、クレンジングがいらないと思っている人がいたら、今すぐ考え方を改めてください。
油溶性の汚れは、ニキビやシミやくすみの原因にもなります。また、様々な皮膚疾患へと発展していくかもしれません。いわゆる(ダブル洗顔)をおすすめします。
紫外線の予防は、日焼け止めクリームなどのUVケア製品ですが、敏感な肌の方はご注意を!
最近は、SPF値が100を越える製品がよくでまわっていますが、SPF値が高いほど肌への負担も高くなるということを覚えておいてください。日常紫外線とレジャー紫外線・・日焼け止めも使い分けをおすすめします。


洗顔で肌が変わる

きれいなお肌のためにいちばん大切なのはスキンケアの中でも『洗顔』です。
まず、お手入れの基本となる洗顔で肌を清潔に保ちましょう。洗顔がしっかりできないまま、ローションや美容液をつけても、せっかくの有効成分が肌に残った汚れがジャマをして肌に浸透しません。だから洗顔がしっかりできると、肌へ化粧品の有効成分がたっぷり浸透するから、肌もみるみるキレイに。

クレンジング --- Tゾーンは特にていねいに。

メイクや余分な皮脂をたっぷりのクリームになじませて落とします。肌が『少し温まったな?』と思ったら毛穴が開いたサイン。毛穴の奥の汚れもキチンと落とせます。

メイクの落とし残しがないように、特に生え際や小鼻のまわりは注意しましょう。
吹き出物の原因のひとつは肌の汚れです。毛穴の中の汚れまでしっかり落としましょう。とくに汚れが残りやすいTゾーンはていねいに行いましょう。

ウオッシング
たっぷりの泡でやさしく汚れを包み込むようにやさしく洗いましょう。泡が汚れをしっかり落とします。すすぎはめるま湯で十分に行いましょう。熱すぎると肌に必要なうるおいまで奪ってしまいます。特に髪の生え際やあご先などはすすぎ残しに注意!

肌がくすんで見えるのは、古い角質が肌に残っているためです。くすみやすく、皮脂分泌の多いTゾーンはていねいにウオッシングし、余分な角質を取り除きましょう。



目の下のクマ

目元まわりのケア商品が売れています。中高年女性など実際に肌トラブルを抱えた女性の使用だけでなく、最近は予防効果を期待した20〜30代にまで購買層が広がっているためです。それではどんな目元の悩みを抱えているのでしょうか。ある化粧品会社が行なった「目元の悩み調査」によると、40代以上が小じわを、20〜30代が目の下のくまをトップにあげ、全体ではくまを気にしている女性が最も多いことが分かりました。

目の下のくまは寝不足や疲れがたまった時にできますが、このような状態の時は目元のまわりの血行が悪くなり血液が滞留します。このとき滞留している血液はにごった色をしているので黒ずんでみえるのです。若いときのくまなら一晩休むと回復しますが、加齢でできたくまは深刻です。

加齢によるくまには、目の下にふくらみが現れるのが特徴です。このふくらみは脂肪ですが、加齢とともに皮膚の弾力が衰えてたるみ、目の下がふくらんでしまいます。このふくらみはとても老けた印象を与えます。

くまの解決策としては、血液の循環をよくするマッサージが効果があります。目のまわりは皮膚が薄いので力を抜くのがコツです。
また、血流をよくする成分を配合した専用のクリームも発売されています。

メークですが、ファンデーションの厚塗りは逆効果です。目の下の影ができる部分にハイライト効果のあるパール入りのフェイスカラーを入れて明るくみせるのがコツ。また、メークのポイントを唇にするなど、目と別のところにもっていくのも効果的です。


スキンケア新提案 --- 年中ホワイトニング

私たちは、一年中紫外線にさらされています。とくに 5 月ごろから 9 月ごろまでは、日差しが強くなる季節でもあり、みなさん紫外線を意識するようになります。でも、3 月ごろからすでに紫外線は強くなり、10 月に入ってもまだまだ影響があるというのが実態です。

 紫外線には、日焼けして赤くなったり、そのあと黒くなったりシミになったりというような状態を引き起こす中波長紫外線(UV-B)と、お日さまに直接身をさらしているわけでなくても浴びている紫外線がお肌に蓄積して焼けてしまうような状態を引き起こす長波長紫外線(UV-A)があります。

 これらの紫外線を防止する指数を、SPF と PA で表しており、数字が大きいほど紫外線防止効果が高いことを表します。

 SPF とは、Sun Protection Factor といって、UVB つまり中波長紫外線の防止指数のことです。

 肌に紅斑を与え始める最少の紫外線エネルギーの量が、SPF の基準です。この基準となる紫外線量を MED(最少紅斑量)といいますが、もっとわかりやすく例えれば、肌がほんのりと赤くなる程度に紫外線を浴びた時間にほぼ相当します。平均的な日本人の場合で、7 月の正午の日差しで約 20 分くらいが SPF1 です。もちろん、すぐ赤くなりやすい人は約 10 分、日焼けしにくい人で 30 分など SPF の示す値が人によって異なりますので、自分の肌が日に焼けやすいタイプかどうか知っておくことも大切です。

 平均的な日本人の肌では、SPF の数字に 20 分を掛けた数字が紫外線防止効果の目安となります。SPF10 のサンカット商品があれば、10(SPF)×20(分)=200(分)となり、約 3 時間くらいなら夏の日差しを浴びても、肌が焼けて赤くなり、ヒリヒリしたり、後で肌が黒く焼けないという目安となります。

 ただし、汗を拭いたりして、その時にサンカット商品が肌からとれたら紫外線防止効果が無くなりますから、SPF 値や日差しの強弱にもよりますが、2 〜 4 時間毎に付け直しをした方が安全でしょう。

 なお、白人の肌を基準としているアメリカやヨーロッパの製品の場合、SPF 値を 3 〜 4 で割って丁度良いくらいの目安となります。ただし最近海外の商品でも、日本人の肌に対応した SPF を表示しているところが多いようです。

 一方、PA とは、Protection grade of UVA 、UVA つまり長波長紫外線の防止効果です。最近はこちらの PA も重視され強調されるようになりました。今では、PA++ は普通で、PA+++ のものも多く出回るようになりました。意識していなくても、日常的に紫外線を浴びているわけですから、これを防ぐのはとても重要です。

★2000 年より SPF50 を超える製品はすべて、数値にかかわらず「SPF50」と表示されることになりました。

だからいつでもホワイトニング

 紫外線のしくみを知れば知るほど、真夏だけホワイトニング&紫外線カットしていれば良いというわけにいかないことがわかってきます。だから、年中ホワイトニング。とくに、夏の間蓄積された紫外線の悪影響は、すぐになくなるものではありません。陽射しが弱くなり紫外線の影響が追加されにくくなった秋・冬にこそ、ホワイトニングの効果が出やすいのです。

 ビタミン C 配合のホワイトニング美容液は、即効性よりもダメージを受けたお肌を甦らせる力に期待できますので、年中ホワイトニングに向いていると言えます。もちろん、徹底的に「白く」したい場合には、コウジ酸のような「漂白系」を使い続けるのも良いでしょう。透明感をもたらしてくれるものもありますから、理想のお肌に向かって、最適なアイテムを選んでいくと良いですね。「いつでもホワイトニング」、、、“今だけ”でなく、“数年後”のお肌のために。


◇「なぜ、毛穴が目立ってしまうのか」という悩みをもっている方は多いと思います。年齢を問わずに聞かれる悩みです。実は、毛穴が目立ってしまうのには2つの原因が考えられます。その原因を理解して、それぞれの原因にあったお手入れ方法で毛穴を少しでも目立たなくしましょう。

------------------------------------------------------------------

その1・「皮脂の分泌が多すぎて毛穴が開いてしまう場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇鼻から両ホホにかけて肌がべたつき、毛穴が目立つことがあります。
この部分はもともと皮脂分泌が多いところですが、特に皮膚温の上昇によって皮脂腺のはたらきがより活発になり、それによって皮脂の分泌が多くなりすぎると 毛穴が押し開かれて大きく目立ってきます。
 
◇この毛穴に皮脂やはがれにくくなった角質がつまってざらざらしたり、詰まった固まり(角栓といいます)が空気に触れて酸化したり、汚れが付いたりして黒ずんで見えます。

1.まず過剰な皮脂・毛穴につまった角栓を取り除き肌を清潔にします。 メイクをした日には必ずダブル洗顔をしましょう。メーキャップも時間がたつと汚れになります。毛穴の中に残ったこれらの汚れを取るためにもクレンジングでしっかり落としてあげましょう。
洗顔フォームはよく泡立てて。泡が汚れを包みこんで落とします。 泡立ちが悪いと落ちが半減してしまいますよ。 手での泡立てが苦手の方は泡立てスポンジがおすすめです。

2. 化粧水で水分を充分に補いモイスチャーバランスを整えます。
3. 乳液も使いましょう。べとつき感が気になるといって未使用の方も多いのですが、乳液は化粧水の後に使用するとお肌の水分・油分を バランスよく整え、柔軟で潤いのある肌に導いてくれます。はじめての方は、さっぱりタイプの乳液の使用をおすすめします。お化粧持ちも良くなりますよ。

------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆

◇過剰な皮脂分泌を抑えてくれる、収れん化粧水でよくパッティングします。
たっぷりの化粧水でパッティングすると肌が冷え、皮膚温の上昇を防ぎます。また、毛穴の汚れをとるための除去用パックもあります。これをしたあとは 必ず収れん化粧水で毛穴のひきしめをお忘れなく!!

◇ オイルコントロール効果のあるエッセンスもあります。 メイク前に使用するとテカリや化粧くずれの予防になります。 オイルマッサージをして「油を油でおびきだす」という方法も効果的です。 ただし、ニキビなどの炎症がある方はやめてください。


◇日常生活のアドバイスとして、睡眠を十分取る・ニキビを手で触らない・ 深夜の飲食は控える・ビタミンB・C・Eや食物繊維をよくとることがあげられます。


-----------------------------------------------------------------
その2・「年令によって皮膚内部のはたらきが衰える場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇加齢とともに皮膚内部(真皮層といいます)の働きがおとろえ、水分が保てなくなります。そのため皮膚の柔軟性や弾力性が失われ、キメが粗くなって毛穴が目立ってきます。とくにホホは肌がたるんでくることにによって、毛穴がたて長の状態になってしまい、毛穴が開いているように見えてしまうのです。

1.まず、洗顔によって肌に付着した汚れや老廃物、不要な角質を取り除き毛穴の詰まりを防ぎます。そして、一番大切なのがモイスチャーバランスを整えてうるおいを保つようにすることです。 肌にハリを持たせたり、保湿効果の高い化粧水や 乳液をたっぷりとつかいます。

特に秋・冬は乾燥によって肌の水分が失われがちなので、お休み前にはクリームやパックジェルなどでケアしてあげましょう。


------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆


◇ マッサージは肌のくすみも取れて、とても効果的です。お風呂でもマッサージできるような、洗い流せるタイプのマッサージクリームもありますのでぜひ試してみてください。 1週間くらい続けると肌が明るくなりキメも整ってきます。


◇メーク前などは毛穴を引き締めるために収れん化粧水を使ってもいいでしょう。 日常の生活での注意点では、老化の原因となる紫外線から肌を守るように すること、ビタミンC・Eやたんぱく質を多く取るなどがあげられます。


◇「なぜ、毛穴が目立ってしまうのか」という悩みをもっている方は多いと思います。年齢を問わずに聞かれる悩みです。実は、毛穴が目立ってしまうのには2つの原因が考えられます。その原因を理解して、それぞれの原因にあったお手入れ方法で毛穴を少しでも目立たなくしましょう。

------------------------------------------------------------------

その1・「皮脂の分泌が多すぎて毛穴が開いてしまう場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇鼻から両ホホにかけて肌がべたつき、毛穴が目立つことがあります。
この部分はもともと皮脂分泌が多いところですが、特に皮膚温の上昇によって皮脂腺のはたらきがより活発になり、それによって皮脂の分泌が多くなりすぎると 毛穴が押し開かれて大きく目立ってきます。
 
◇この毛穴に皮脂やはがれにくくなった角質がつまってざらざらしたり、詰まった固まり(角栓といいます)が空気に触れて酸化したり、汚れが付いたりして黒ずんで見えます。

1.まず過剰な皮脂・毛穴につまった角栓を取り除き肌を清潔にします。 メイクをした日には必ずダブル洗顔をしましょう。メーキャップも時間がたつと汚れになります。毛穴の中に残ったこれらの汚れを取るためにもクレンジングでしっかり落としてあげましょう。
洗顔フォームはよく泡立てて。泡が汚れを包みこんで落とします。 泡立ちが悪いと落ちが半減してしまいますよ。 手での泡立てが苦手の方は泡立てスポンジがおすすめです。

2. 化粧水で水分を充分に補いモイスチャーバランスを整えます。
3. 乳液も使いましょう。べとつき感が気になるといって未使用の方も多いのですが、乳液は化粧水の後に使用するとお肌の水分・油分を バランスよく整え、柔軟で潤いのある肌に導いてくれます。はじめての方は、さっぱりタイプの乳液の使用をおすすめします。お化粧持ちも良くなりますよ。

------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆

◇過剰な皮脂分泌を抑えてくれる、収れん化粧水でよくパッティングします。
たっぷりの化粧水でパッティングすると肌が冷え、皮膚温の上昇を防ぎます。また、毛穴の汚れをとるための除去用パックもあります。これをしたあとは 必ず収れん化粧水で毛穴のひきしめをお忘れなく!!

◇ オイルコントロール効果のあるエッセンスもあります。 メイク前に使用するとテカリや化粧くずれの予防になります。 オイルマッサージをして「油を油でおびきだす」という方法も効果的です。 ただし、ニキビなどの炎症がある方はやめてください。


◇日常生活のアドバイスとして、睡眠を十分取る・ニキビを手で触らない・ 深夜の飲食は控える・ビタミンB・C・Eや食物繊維をよくとることがあげられます。


-----------------------------------------------------------------
その2・「年令によって皮膚内部のはたらきが衰える場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇加齢とともに皮膚内部(真皮層といいます)の働きがおとろえ、水分が保てなくなります。そのため皮膚の柔軟性や弾力性が失われ、キメが粗くなって毛穴が目立ってきます。とくにホホは肌がたるんでくることにによって、毛穴がたて長の状態になってしまい、毛穴が開いているように見えてしまうのです。

1.まず、洗顔によって肌に付着した汚れや老廃物、不要な角質を取り除き毛穴の詰まりを防ぎます。そして、一番大切なのがモイスチャーバランスを整えてうるおいを保つようにすることです。 肌にハリを持たせたり、保湿効果の高い化粧水や 乳液をたっぷりとつかいます。

特に秋・冬は乾燥によって肌の水分が失われがちなので、お休み前にはクリームやパックジェルなどでケアしてあげましょう。


------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆


◇ マッサージは肌のくすみも取れて、とても効果的です。お風呂でもマッサージできるような、洗い流せるタイプのマッサージクリームもありますのでぜひ試してみてください。 1週間くらい続けると肌が明るくなりキメも整ってきます。


◇メーク前などは毛穴を引き締めるために収れん化粧水を使ってもいいでしょう。 日常の生活での注意点では、老化の原因となる紫外線から肌を守るように すること、ビタミンC・Eやたんぱく質を多く取るなどがあげられます。




海外の個人輸入情報サイト 
海外医薬品検索サイト    医薬品 (Human Pharmaceuticals)


お問い合わせ 美容・ダイエット         10 3美容・歯科漂白 Almay Dr..Perricone アロマセラピー
お申し込み サプリメント 11 12 13 14 15 16 17 Skin Ceutical Jason C処方 OBAGI Natura Bisse
トップページへ パワーサプリ 新製品ダイエットサプリ スポーツ サプリ 目の健康(ドライアイ) Z. Bigatti Glyderm(ICN)
漢 方 IQサプリ1  アミノ サプリ CoQ10 アルファリポ酸 黒髪・育毛サプリ Dr. Brant


美容・美白
ヒアルロン酸溶液 30ml プリビッジ プリベージ ヒアルロン酸溶液 + HGH PLUS  エルドキン・クリーム 2%) スーパーGH( HGH )若返り成長ホルモン   ドンカイ 別名トウキ ブレスト・コアントアー バストアップ ブレスト・アップ  バストアップ メタムシルl シルキー・セルライト・レギュレータージェル スリム スウィート  ウルトラ リップド フィト・フェム 女性用ビタミン剤 トレビットA レチンAクリーム ステバ-A レチンクリーム レチンA クリーム トレチノイン レティノバ 0.05% クリーム レチノバ レノバ クリームRENOVA  ハイドロキノン・クリーム 4% エルドキン・クリーム Eldoquin  ユークロマ・クリーム カイネレース クリーム  ビューティー ピンク クリーム  ヒアルロン酸 ヒアルロン酸  レジュバイン・クリーム 若返りクリーム(ホルモン美容) プロゲステロン クリーム エラスティン ファーミングクリーム レチノ-ルAクリーム 総合ナチュラルホルモン療法 HGH プレグネノロン   エスターC グリコリックピーリング30% 溶液 グリコリック ピーリング40% 溶液  セラミドC セラム ダーマティックスジェル   コラーゲンタブレット セラシーン rGH (HGH成長ホルモン)  イミディーン ラジアント コンプレクション  マリンプロテイン イミディーン  レミフェミン 植物エストロゲン アクティブ・ウーマンズマルチ・ビタミン  ビブラント スキン  プリマリン・クリーム  



美容・美白
スカージェル Scar gel Skin Lightenスキン ライトン イソトレチノイン(ニキビ治療) デファレンジェルDifferin クレアラシルClearasil  イソトレック・クリーム  クリンダClinda _ダラシンDalacinのジェネリックClinda  ジンク・フォー・アクネ ニキビ対策    シピオナックスCypionax  シトメルCytomel cytomid_flutamide    クラリナーゼClarinase クラリティンClaritine クレアラシル Clearasil  シピオナックスCypionax  シトメルCytomel   ヒアルロン酸溶液 30ml プリビッジ プリベージ ヒアルロン酸溶液 + HGH PLUS  エルドキン・クリーム 2%) スーパーGH( HGH )若返り成長ホルモン   ドンカイ 別名トウキ ブレスト・コアントアー バストアップ ブレスト・アップ  バストアップ メタムシルl シルキー・セルライト・レギュレータージェル  ウルトラ リップド フィト・フェム 女性用ビタミン剤 トレビットA レチンAクリーム ステバ-A レチンクリーム レチンA クリーム トレチノイン レティノバ 0.05% クリーム レチノバ レノバ クリームRENOVA  ハイドロキノン・クリーム 4% エルドキン・クリーム Eldoquin  ユークロマ・クリーム ユークロマSG・クリーム アレトHCクリーム ラストラ ラストラAF  カイネレース クリーム  ビューティー ピンク クリーム  ヒアルロン酸 ヒアルロン酸  ゼナドリン40 ピクノジェノール PYCNOGENOL ピクノジェノール  セラミド-C セラム   イソトレック・クリーム  レジュバイン・クリーム 若返りクリーム(ホルモン美容) プロゲステロン クリーム エラスティン ファーミングクリーム レチノ-ルAクリーム 総合ナチュラルホルモン療法 HGH プレグネノロン  グリコリック ピーリング40% 溶液  ダーマティックスジェル   EsterC  ビタミンC コラーゲンタブレット ローズヒップ オイル  セラシーン rGH (HGH成長ホルモン)  イミディーン ラジアント コンプレクション  イミディーン プライム リニューアル 高級海洋性コラーゲン イミディーン タイム パーフェクション マリンプロテイン イミディーン  レミフェミン 植物エストロゲン 




美容・美肌・若返り(アンチエイジング)に羊プラセンタのカプセル MF3 Sheep Placenta

若返り!老化防止(美白クリーム トレチノイン)








医療用の「内服プラセンタカプセル/医療用プラセンタ
プラセンタ注射は、もとは更年期障害や肝機能障害に対して用いられていた薬剤が、今では美肌効果・疲労回復・アンチエイジング作用に使用されているものです。世界の6割の医療機関で使用されていますプラセンタ
美白:シミの元であるメラミン色素の成分を抑えるとともに、シミ・くすみを取ります。
保湿:高い保湿力で、長時間しっとりした肌を維持します。
細胞の増殖再生:ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し、健康な肌を作ります。
コラーゲンの生成促進:肌の弾力を決めるコラーゲン生成を支えます。
血行促進:末端の血行を促し、冷え性を改善したり健康で美しい肌を作ります。
抗酸化作用:老化の原因となる活性酸素の発生を抑えたり中和したりします。
抗炎症作用:ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギー作用:免疫システムを調整回復し、アレルギー反応を抑制します。
免疫賦活作用:免疫力を高め、強く健康な肌を作ります。
アミノ酸の補給:皮膚細胞のエネルギー代謝を高め、細胞再生の材料を補給します。
アンチエイジング=老化防止。
若返りを意味する言葉ですが、外見だけでなく内面にも言えることです。いつまでも若々しく健康な体づくりの一役も、プラセンタが担っています。身体機能の老化は、単一の器官の機能が低下している状態とは異なるため、単一の効果を期待して研究開発された薬剤によって向上することはできません。その点、プラセンタは多数の生理活性物質が自然のままの状態で混和しているため、全身の器官の機能低下を補う力を持っているのです。また、様々な細胞増殖因子を合成・分泌して胎児を育むのがプラセンタですから、新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせるのです。従って、美肌・美容以外にも、花粉症・アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、関節痛、肝機能障害などの様々な症例のために、多くの医療現場で治療として取り入れられています。


プラセンタによる活細胞セラピーは、大統領、首相、らも集中力や持久力を維持するために利用された実績があります。またアデナウアーは、90歳の高齢にも関わらず、ドイツ連邦を率いるエネルギーをもらったと評価したことでも有名です。チャーリー・チャップリンは70歳を越えて結婚し子供をつくることができたとも評価しています。 ローマ法王ピウス12世はこの治療に深く喜び、ポール・ニーハンス博士、活細胞セラピーの生みの親を法王庁科学アカデミーに招待し、彼をペニシリンの発明者であるアレキサンダー・フレミングの後継者であるとたたえました。マンデラ氏、大統領及びスイスワールドカップサッカーチームメンバー達も細胞セラピーを実施しています! MF3スイスの豪華なプラセンタクリニックがありますが、彼らがそこで受けたものは、活力を維持し、若々しい外見や迫ヘを保つためのプラセンタ活細胞セラピーです。理論によると、細胞は注入された部署から循環して、どの部分から採取されたかに応じて(肝細胞は肝臓へ、生殖細胞は生殖器官へ、心臓細胞は心臓へ)識別されそれぞれヒトの細胞部分に集まっていきます。 活細胞セラピーは、種々の動物の胚芽から特別な機狽持った細胞を選択することから始まりました。長年の経験から羊が一番適した動物であることが示されています。 これは、羊が活力あり、強じんで病気に対しても強い抵抗力を持つからです。羊のタンパク質はヒトの体になじみ、免疫反応を示さないことで知られています。 これらの細胞は、種に依存せず、おのおの特別な機狽持ち、新たな効力を発揮します。その臓器は活力にみちた状態を取り戻すことができるのです。 MF3のプラセンタエキスは、いかなる他の内容物も含まない純粋な素材で、99%の水溶性を示します。 他のプラセンタを素材とする製品と比較しても、MF3はホルモンやたんぱく質を含まないため、体内のホルモン生産に影響を与える人口ホルモンが体内に入ってしまうことはありません。ホルモンに頼ったプラセンタセラピーは、治療をしている間は効果があるのですが、治療を中断するとその効果を失います。 人口ホルモンが体内に入ると、体内分泌系のバランスに影響を与えるため、危険な場合があります。しかしMFIIIの場合は、プロテインやホルモンが一切使用されていないため、アレルギーが発症する危険性もごく最小限に抑えられています。 細胞の抽出時に細胞を生かしておく技術がないために細胞は死に、胎盤の中にあるプロテインやビタミンのみが残り、単なるビタミン剤と化してしまっているのが現状です。 現在世界で細胞を生きたままカプセルにできる技術を持っているのはスイスとドイツのみとなっております。 またサプリメントと致しましては、世界中で現在MFIIIのみです。Cell Culture(英語名)というスイスで開発されました技術・細胞抽出技術により細胞の生命を存続させながらカプセル状にしています。 その抽出工程が非常に高度なため、お値段の方も通常のプラセンタよりも高価ですが、スイスのクリニックで受けるプラセンタ注射(約200万円)に限りなく近い効果を得る事ができます。 MF3羊プラセンタカプセル 羊プラセンタ 400mg(濃縮20倍 8000mg相当) 海洋性プロテイン 200mg ビタミンC 120mg 大豆油 458.28mg ミツロウ 27.22mg バター脂肪 34.5mg 大豆レシチン 20mg 魚ゼラチン 293.4mg グリセリン 74.8mg ャ泣rトールシロップ 70.4mg 精製水 206.31mg カラメル色素 0.354mg カロテン色素 1.448mg カプサイシン色素 0.651mg ベタニン色素 0.354mg       MF3 飲むごとに若返るMF3。その若返りの完璧な理由とは? ★そもそも若さとは何でしょうか? 1.疲れ知らず。(体調がとてもよい) 2.顔や体の肌にハリがある。(瑞々しく若々しい肌) 3.体内の臓器が弱っていない。(胃腸などが健康的な状態) あなたはこれら若さを維持していますか? スイスのドクターが長年掛けて開発したMF3羊プラセンタカプセルなら、上記の 「若さ」を限りなく再現できます。 60年も前からスイスなどでは、セレブ、芸能人、モデルなどは美と若さを回復・ 保つために豪華クリニックで2〜300万円ものお金を費やして活細胞セラピー を行ってきました。 しかし、一般の人々は高額でなかなか手が出るものではありません。 そこでスイスのドクターが研究を重ね主成分である羊の濃縮プラセンタ細胞が 【生きたまま】カプセルに保存される技術を開発し、一般の人々にも手の届く 金額にてその効果を楽しむことができるようになったのです。 既に若返り業界で壮絶な奪い合いが発生している本物の実力で、今、世界最高峰の若返りサプリメントと言われています。 ★こんな方に 肌年齢を元に戻したい、血管年齢を元に戻したい、体力を元に戻したい、 抵抗力を付けたい、病気に強くなりたい、とにかく若返りたい。 このMFVで93%の人がそんな望みを実感。 40才代の顔が20代に見られる人続出中です。
通常のプラセンタの商品(スイス以外で製造されているもの)は細胞の抽出時に細胞を生かしておく技術がないために細胞は死に、胎盤の中にあるプロテインやビタミンのみが残り、単なるビタミン剤と化してしまっているのが現状です。現在世界で細胞を生きたままカプセルにできる技術を持っているのはスイスとドイツとのみとなっております。またサプリメントと致しましては、世界中で現在MFIIIのみです。Cell Culture(英語名)というスイスで開発されました技術・細胞抽出技術により細胞の生命を存続させながらカプセル状にしているわけですが、その抽出工程が非常に高度なため、お値段の方も通常のプラセンタよりも高価ですが、スイスのクリニックで受けるプラセンタ注射に限りなく近い効果を楽しむ事ができます! MF3のプラセンタに含まれる活性成分の割合は、最良の活性物質の濃度達成を目指して、長期にわたる研究や様々な科学分野の試験を行った後、決定されます。MF3プラセンタカプセルの内部の成分や外部の白っぽい液体は両方とも安定している物質です。MF3の生成物はすべて、脂肪、タンパク、ホルモンといった大きな分子を取り除いた小さなペプチド分画から抽出されます。また、抽出された生成物は、細胞培養によって培養され、最終的に活性部分が分離、精製されるため、MFIIIは、非常に純度が高く、不要な成分は一切含んでいないのです。 細胞セラピーは、老化の速度を抑え、健康、活力そして肉体の力を劇的に回復させることにおいて、安全性と効率性が証明された世界で唯一の方法です。
MFIIIプラセンタカプセルは、15年以上の研究、開発を経た、最も完璧な老化防止作用と細胞活性化作用を持った経口栄養補助剤(サプリメント)です。  MFIIIプラセンタカプセルは、胃では作用を受けずに小腸で分解され、それにより活性成分が全て人体に吸収されます。胃ではなく小腸で分解されることの利点は、活性ペプチドとそれらの機能を胃酸によって破壊されることを防ぎ、消費された細胞要素の生物学的利用能率を確保します。MF3プラセンタカプセルは、現在のところ、とても高い代謝活性を有する最も進んだバイオテクノロジー製品です。