アドレナリン(Adrenalin)別名エピネフリンアドレナルアドレナル

アドレナリン(Adrenalin)エピネフリンの個人輸入 アドレナリン(Adrenalin)エピネフリンアドレナル別名エピネフリンの個人輸入承ります

アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン


アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン

エネルギー代謝・精神高揚を高めるホルモン
アドレナリンのホルモン、とは、神経伝達物質のひとつで、興奮したときに大量に血液中に放出される身体のエネルギー代謝を高めるホルモンである。
米国大リーグの選手のインタビューでホームランを打った感想を聞かれて 「ベースを回っているとき、アドレナリンが身体中を巡っているのが自分でもわかりました。
アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン

アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン

奮した時に血液中に放出されるエネルギー代謝ホルモン



アドレナリン(Adrenalin)
エピネフリンとも言う

75カプセル

興奮したときに大量に血液中に放出される身体のエネルギー代謝を高めるホルモン

アドレナリンの作用:交感神経が興奮した状態にて、すなわち「闘争か逃走か」のホルモンと呼ばれる。動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレスに対応して、全身の器官にアドレナリンを供給する。
血液供給増大を引き起こす反応にて  興奮するとアドレナリンが分泌される為、
例えば、格闘スポーツ(プロレス、ボクシング、など)、または喧嘩になった時に分泌され、血まみれや骨折の状態になっても全く痛みを感じないケースもある。 

さらに、アドレナリンの分泌は、脂肪燃焼の効率をよくし、減量効果を促すため、ダイエットにも重要である。    

アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン

アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン

アドレナリン(Adrenalin)別名エピネフリン

75caps
Nutri-Cology (Allergy Research)Group , USA
NutriCology”は、“Allergy Research Group”同グループの別称ブランド
1カプセル当り:
副腎組織 300mg (高真空にかけられた生物活性維持成分)
1回1カプセルを1日、1〜3回、食事と共にお摂り下さい。
* 通常の健康管理を目的とする場合 : 1回1粒を食後又は、食事と供にお飲み下さい。
* 他の健康食品(ビタミン類等)と併用されても問題ありません。
sus_NC55990 お子様の手の届かないところに保管してください。



アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン




価格についてもこちらをご覧下さい。



アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン


アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン
アドレナリン:ホルモンは、体内の臓器から血液中に分泌され、それが他の臓器に到達してから働きをもたらす物質。アドレナリンとは、興奮したときに大量に血液中に放出される身体のエネルギー代謝を高めるホルモンである。
米国大リーグの選手のインタビューでホームランを打った感想を聞かれて 「ベースを回っているとき、アドレナリンが身体中を巡っているのが自分でもわかりました。

アドレナリンの分泌は、脂肪燃焼の効率をよくし、減量効果を促すため、ダイエットにも重要である。脂肪燃焼の効率を高めるには、準備体操やストレッチに加え、フィットネス前に手足などをよくマッサージしておくと、血流がよく身体も温まり、運動時に分泌したアドレナリンがよく循環する。ただし、極度な筋肉の緊張はかえって血行不良になるため、滝のような汗をかくといった運動ではなく、身体がじっくり温まるような動き方がよい。   


アドレナリン (adrenaline) (英名:アドレナリン、米名:エピネフリン、IUPAC組織名:4-[1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]ベンゼン-1,2-ジオール)とは、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3。 ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。
アドレナリンの作用交感神経が興奮した状態、すなわち「闘争か逃走か」のホルモンと呼ばれる。動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレス応答を、全身の器官に引き起こす。血液供給増大を引き起こす反応  興奮すると分泌される為、例えば喧嘩になった時に分泌され、血まみれや骨折の状態になっても全く痛みを感じないケースもある。   
アドレナリン(Adrenalin)エピネフリン
ホルモンは、体内の臓器から血液中に分泌され、それが他の臓器に到達して何らかの働きをもたらす物質と定義され、ギリシャ語の「刺激する」、「興奮させる」という意味を持つ言葉から名付けられた。その名付け親は、1902年にベイリスとともに十二指腸から分泌されるセクレチン(膵臓に達すると膵液の分泌を促す作用を持つ)を発見したイギリスの生理学者スターリングである。しかし、この「ホルモン」という名がまだ存在しない1900年、すでに高峰譲吉とその助手上中啓三の日本人コンビは、副腎(の髄質)から血圧上昇作用のある物質の抽出に成功し、「アドレナリン」という名を付けていたのである。アドレナリン(adrenaline)は、いずれもラテン語のad-(〜の傍らに)とren(腎臓)から、腎臓の近くに付着するという意味でadrenal(副腎)、そして副腎から分泌されるということで物質語尾の-in(e)をつけて高峰博士が命名した。このアドレナリン、現在では化学的に合成され、ショックの際の心臓収縮力増強や喘息発作の時の気管支拡張など、重要な薬としてひろく使用されている事はご存知かと思う。ところが、米国と日本の薬局方(薬剤の名称や内容規格を定める法規)では、不思議なことに「エピネフリン」というのが、正式な名称とされているのである。






トップページ サプリ 1         10 11 パワーサプリメント 美容・ダイエット アロマセラピー リンクサイトへ
お申し込み IQサプリ1  美容・歯科漂白 医療用きのこ マイクロライト
お問い合わせ 目の健康(ドライアイ) スポーツ サプリ アミノ サプリ CoQ10 アルファリポ酸
新製品ダイエットサプリ 黒髪・育毛サプリ 美白1  美白2 漢方