PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ)PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ)PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ)

奇跡の補酵素Q10の個人輸入 PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノンPQQバイオPQQ配合(PQQ BioPQQ)の個人輸入承ります

PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン


PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン

神経成長因子(NGF Nerve Growth Factor)生産促進活性のPQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン
細胞のエネルギー生産を高める働きをすることにあります。
体内の酸化を抑えたり、肌のつやとハリを生み出しシミやシワを防ぐことにも期待できる大変優れた成分なのです。 心臓は循環系にとって極めて重要な器官です。心臓機能の健康の相乗効果を発生できるように配合ブレンドし植物性成分です。動脈硬化症に有効とされます。
PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン

   PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ)
BioPQQ配合


PQQ+バイオPQQ配合
(PQQ + BioPQQ)
ピロロキノリンキノン


神経成長因子(NGF Nerve Growth Factor)促進

細胞内に備わっているミトコンドリアは、
心臓や脳のようなエネルギー集約型の器官には、ミトコンドリアが密集しています。
PQQ (Pyrroloquinoline Quinone : ピロロキノリンキノン)と言う成分により、さらなる増強を可能にしました。
生理活性物質PQQは、活性酸素消去活性および神経成長因子(NGF Nerve Growth Factor)の生産促進活性を有し、ダイエット、強壮作用、皮膚や髪の毛の生成、血管強化、ボケ防止など、若返り、老化防止に重要な物質といえます。

細胞再生機能は、老化した細胞の成長させる遺伝子を活性化します。

ミトコンドリア内で生成されるエネルギーは、絶え間なく現象・衰退へ向かい、老化をもたらします。 PQQは、異なる方法で元気な細胞機能を維持する為に、繊細なミトコンドリア構造を保護し増加させます。

PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン

PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン

PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン

30カプセル
LifeExtension Made In U.S.A
成分1 Vegetarian Capsule当り:
BioPQQ Pyrroloquinoline quinone disodium salt 10 mg

Other Ingredients: Rice flour, vegetable cellulose (capsules).
1日、1粒を目安に、コップ1杯の水と一緒に食後にお召し上がりください。
他のサプリメント類等と併用されても問題ありません。
shiLE15003 お子様の手の届かないところに保管してください。
涼しく乾燥した場所で保管してください。


PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン




価格についてもこちらをご覧下さい。







↓  『PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン』の紹介!!

PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン

ピロロキノリンキノン補酵素Pyrroloquinoline quinone(以下PQQ)として知られる生理活性物質
PQQはエネルギーを作り出すクエン酸回路において重要な働きをする物質、微生物を中心に生物界に広く存在している活性物質です。PQQは活性酸素消去活性および神経成長因子(NGF Nerve Growth Factor)の生産促進活性を有しています。ダイエット、強壮作用、皮膚や髪の毛の生成、血管強化、ボケ防止など、若返り、老化防止に重要な物質といえます。

1) 抗酸化パワー
CoQ10のように、PQQは大変強力な抗酸化剤です。PQQの並外れた分子レベルの安定性により、PQQが最大抗酸化剤と生体エネルギー支援としてミトコンドリア内で数千もの生体科学反応を容易に行うことができるようにします。

2) 好意的遺伝子発現調節
PQQは、新しいミトコンドリアの形成を促進する遺伝子を活発化させ、またミトコンドリアの健康状態に直接関わる遺伝子と有益に相互作用します。
また、これらの遺伝子は、健康的な体重維持、脂肪・糖分代謝の正常化そして新細胞の増殖をサポートします。

3) ミトコンドリアの防護
ミトコンドリアは、細胞核にあるDNAと異なる自身のDNAを持っています。不運にも、細胞核DNAに比べてミトコンドリアDNAは相対的に無防備のままです。そしてPQQの抗酸化力と好意的遺伝子発現プロフィール故に、それがミトコンドリア防護をサポートするように働きます。

PQQは必須栄養素です。すなわち体内でPQQを作ることができないと言うことです。成長期における体の研究によると、PQQのユニークな栄養プロフィールが心臓の健康や脳の認識機能をサポートしていると言うことが示されています。このことは、成長期にこのような必須器官がどれほどのエネルギーを必要としているかを考慮するとPQQの役割が重要であることは想像に難くないことです。
研究結果によると、PQQはフリーラジカルの真只中であっても心臓の細胞機能をサポートし、そして心筋における血流を促進することが示されています。 CoQ10と併用すると1日わずか20mgのPQQ摂取で、熟年者における記憶、集中そして認識が促進されることが研究結果で示されています。

日本製の天然発酵プロセスにより生成される強力なPQQフォームを取り入れました。それは、最高品質のPQQで、バイオPQQ(BioPQQ)と呼ばれる成分です。
* BioPQQは、MGC (三菱瓦斯化学株式会社)の商標名です。



細胞内に備わっているミトコンドリアは、体の健康を維持する為に必要なあらゆる力を事実上供給する細胞エネルギー発生装置と言えます。数多くの公表された研究によると、特に加齢と共に全体的な健康維持のためにミトコンドリアの危機的重要性が強調されています。心臓や脳のようなエネルギー集約型の器官には、ミトコンドリアが密集しています。最近まで、熟年の人が体内のミトコンドリアを増やす唯一の自然な方法は、長期間のカロリー制限か徹底的な肉体活動しかありませんでした。そして、それは多くの人々にとって実行することが困難であり、また実用的ではありませんでした。PQQ (Pyrroloquinoline Quinone : ピロロキノリンキノン)と言う成分により、様々な選択が可能となりました。ミトコンドリア内で生成される大量のエネルギーは、絶え間なくフリーラジカルの攻撃にさらされています。その結果は、ミトコンドリアの衰退であり、そして老化と言う結果でもあります。 PQQは、3つの異なる方法で元気な細胞機能を維持する為に、繊細なミトコンドリア構造を保護し増加させます。




*ぜひ一度お試し下さい。



PQQ+バイオPQQ配合(PQQ + BioPQQ) ピロロキノリンキノン





トップページ サプリ 1         10 11 パワーサプリメント 美容・ダイエット アロマセラピー リンクサイトへ
お申し込み IQサプリ1  美容・歯科漂白 医療用きのこ マイクロライト
お問い合わせ 目の健康(ドライアイ) スポーツ サプリ アミノ サプリ CoQ10 アルファリポ酸
新製品ダイエットサプリ 黒髪・育毛サプリ 美白1  美白2 漢方



シリマリン Silymarin 愈消散(ユショウサン) 片仔廣 へんしこう 雲南田七粉 ( 田七粉 )   ゲイニステン・イソフラボン植物エストロゲン DHA  コンプリート・ニュートリション完璧なサプリメント フィソル (EPA/DHA) 
亜鉛 Zinc Citrate  トランスファー・ファクター(因子) ローヤル・ジェリー Royal Jelly  プロ・グリーン ナットウ・ザイム ナットウキナーゼ酵素 ナットウ・キナーゼ  S・O・D スーパーオキシド・ジムターゼ  マルチビタミン + ミネラル + 鉄分 MSM MSM(有機硫黄) リコピン リバーガード肝臓(リバー)の細胞を保護 ラクトフェリン + コロストラム グルコサミン + コンドロイチン + MSM 有機ゲルマニウム  EPA 1000mg (Omega)  MegaEPA 1000mg コンプリート・イミューン感染防御因子 コンプリート・ナーブ アップル・サイダービネガー アシドフィルス乳酸菌で腸を元気に ホワイト・ウイローバーク キャッツ・クロウ熱帯雨林のCat's Claw マグネシウム クラリティン花粉症  ニコレット・ガムNicorrete Gum ニコダームCQ禁煙パッチ グラン・ レミディ・ クラシック グラン・レメディ ・ロールオン   スリム&トリム・ダイエットシェイクダイエット ホースチェスナット モビリーズ  セルリーCelery 、ガンマGamma 、イブニングプリムローズオイルEvening Primrose、フィッシュオイル、オメガ3、EPA/DHA 、デビルズクロー、グレープシードなど有効配合を配合。 ジョイント・モビリティグルコサミン+サメの軟骨を配合 ジョイント フード マトリックス ホースラディッシュ・ガーリック・ダブル 女性用マルチビタミン+イブニングプリムローズ スーパー・ビタミンB エグゼクティブ デトックス・クレンズ(体内浄化) クイック・クレンズ・プログラム (体内浄化サプリ) カズ・リカバリー体内浄化と肝臓機能  ゼスト-メンズ マルチ ビタミン L-グルタミン ロジオラ天然のリラグゼーション・ハーブ抗うつ作用 新製品プロステートソーパルメット(ノコギリヤシ) エピロビウム1000mgノコギリヤシ バレリアン2000mg ヘイフバー・シナス花粉症HAYFEVER ハーバル デュレティック アクティブ メンズ マルチ トリビュラス薬草トリビュラス ジンクキャップ (亜鉛) セントジョンズワート2000 シリカ Silica  スポーツ・マルチ・ビタミン・ミネラル Ester-C (ビタミンC)1000mgバイオフラボノイド配合  エスター C + エキナセア  フレッシュ・エキナシア  レロラ フルーティンFrutin Tabs EPA Fish OilEPA アークティックピュア サメの軟骨 パイネックス MSM オーガニック・オメガ フラックス・オイル オーガニック・フラクシード オイル キョ−ドフィルス+エンザイム キョーリック・オメガ3  ガーリック ガーリック + エキナセア ガーリック栽培から3年間もかけたガーリック ジンセン(朝鮮人参:オタネニンジン) イブニングプリムロ−ズ1000mg HMB HMB( 100% ピュアHMB ) キョーリック ファット・メタボリズム ビ−・ポ−レンBee Pollen エキナシア 6000 エキナシア+ ガーリック ブラミBrahmi  ハーバル・スリープ天然の不眠症薬 カルシウム・マグネシウム アシッド・フリー C すっぱくないビタミンC コールド・フル ファイターCOLD & FLU Fiter  ファイバーウィズダム 天然ビタミンE 500IU オーガニック・鉄分 ビタミンC1000mg + ローズヒップ ガラナ・ジンセン(オタネニンジン) エンゾジノール 50 リバ−ガ−ド アガリクス ベータ・グルカン  セラシーン rGH (HGH成長ホルモン)  イミディーン ラジアント コンプレクション  イミディーン プライム リニューアル 高級海洋性コラーゲン イミディーン タイム パーフェクション マリンプロテイン プロゲステロン クリーム アンチアンドロゲンAntiandrogen 女性ホルモン  エルドキン・クリーム Eldoquin  
   ボルタレン・ジェル Active 15+ UMF UMFアクティブ10+UMF Active 10+ UMF Manuka Honey ジンク (亜鉛) アクティフレックス ビーポレン 顆粒 ビ−・ポレン セレニウム  リューマチ 軟膏 ローヤルゼリー ソープ ビーハイブ プロポリス カプセル ローヤルゼリー ロイヤルゼリー ロイアルゼリー プロポリス コールドクリアー タブレット プロポリス タブレット  プロポリス 軟膏 ビ−ポ−レン ビ−・ポ−レン顆粒 プロポリス歯磨き(Tooth Paste) プロポリス スロート スプレ− プロポリス エクストラクトPFL15mg/G プロポリスエクストラクト PFL30mg/G プロポリス ティンクチャー 
エンゾジェノール リバーガード肝機能の修復 スーパー マルチビタミン ミネラル 総合ミネラル オメガ3 マリーン フィッシュ・オイル  アシドフィルスプラス トランスファー・ファクター(因子) ウイルスの防御 コンプリート・イミューン感染防御因子  



感染症情報  国立医薬品食品衛生研究所 国立がんセンター 厚生労働省 国立国際医療センター メンタルヘルス・アイ  健康・医薬(日経NETへ参照) ドラッグナビ・医薬(日経NETへ参照) サプリメントナビ(日経NETへ参照) 国立感染症研究所 感染症情報センター   病院検索ポータルサイト 健康ホームページ(NHK)  おくすり110番 医薬品検索  (財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所   (財)東京都老人総合研究所     

酸化還元補酵素であるニコチンアミドとフラビンは、それぞれビタミンB3(ナイアシン)とビタミンB2(リボフラビン)として私たちは摂取しなければいけません。PQQも、その分子構造※2と酸化還元補酵素としての役割から、ビタミンB群に属するビタミン※3であると考えられます。PQQは、さまざまな植物(野菜)や動物(肉類)に微量に含まれていることが知られており、特にお茶や納豆、果実に比較的多く含まれています(表1)。現在、医療用のビタミン剤(経口剤・注射剤)や栄養補助食品(サプリメント)のマルチビタミンには、PQQは添加されていません。PQQ欠乏状態の人がいるかどうかは今のところ不明ですが、新しいビタミンPQQの認識が広がると同時に、ビタミン剤として多様な応用が期待されます。


CoQ10は加齢などにより減少し、不足しやすいという特徴があります。
体内にあるコエンザイムQ10(以下CoQ10(コーキューテン))は、加齢をはじめとする様々な要因で減少します。
CoQ10が不足すると、細胞内でエネルギーが十分に作られなくなってしまいます。細胞レベルの活性が損なわれると、心臓などの各臓器や全身がエネルギー欠乏状態に陥り、様々な不調が発症してしまうことにつながりかねません。
しかしCoQ10補給により、エネルギー不足から起こる心疾患を始めとした諸症状の改善を示唆する多くの研究報告が出されています。
CoQ10は細胞レベルから体を活性化するため、健康の維持・増進だけでなく、抗加齢や美容、スポーツなどにおいてもその効果が注目されています。
CoQ10サプリとしての人気は高く、また最近では健康ドリンクなどにも配合されることが多い “コエンザイムQ10(CoQ10)”。医薬品では心臓病の治療薬として長く利用されてきましたが、サプリメントとしては、アンチエイジング作用が一番知られているのではないでしょうか?そう、このコエンザイムQ10(CoQ10)は、今話題の抗酸化作用(細胞を活性酸素から守る)があるといわれ、細胞を若々しく保つためのサプリ。アメリカでも大人気なんです。ところがそれはわかっていても、実際購入しよう?と思ったときに、こんな点が頭をよぎりませんか? 食事からコエンザイムQ10(CoQ10)は十分摂れるの? 食品からの十分な摂取は期待できません。なぜなら、普段の食事から吸収することは難しい上に、一日に健康維持のために必要な量−30〜60mg−を摂取するためには、食品で例えると牛肉なら900g、イワシなら6匹分を食べなければいけません。本来、コエンザイムQ10(CoQ10)は体内で十分合成されるものなので、ストレスがなくバランスの取れた食生活を続けていけばサプリは必要ないだろうと思いがちですが、20歳を過ぎるとコエンザイムQ10(CoQ10)の体内での生産量はみるみる低下し、80歳には20歳のころと比べ、なんとその生産量は半分にも減ってしまうほど年々合成が難しくなる成分なのです。やはり、手軽に摂れるサプリを利用することをオススメします。コエンザイムQ10(CoQ10)は心臓病の治療薬として、またアンチエイジングに利用されると紹介しましたが、実はいくつかの病気にも貢献してくれるということもいわれています。それは、がん、高血圧、歯周病、動脈硬化、神経疾患、男性の生殖能の低下、アルツハイマー病など。病気ではなくても美肌づくりとして抗酸化作用を発揮、若返りのビタミンといわれるビタミンEの再生にも貢献してくれます。 また、コエンザイムQ10(CoQ10)はダイエット中の方にもオススメなのです!どういうことかというと、脂肪は細胞の中のミトコンドリアというところで燃やされますが、コエンザイムQ10(CoQ10)はこのミトコンドリアに働きかけ、エネルギーを産み出す手助けをしてくれるのです。ようするに、エクササイズで体内の脂肪酸をどんどん燃やす際、ミトコンドリアの中ではこのコエンザイムQ10(CoQ10)が大活躍してくれるのです。     
CoQ10加齢や体質によってコエンザイムQ10の分泌が鈍りブドウ糖の燃焼が不活発になり、食事から摂取したブドウ糖を使い切ることができずに脂肪として蓄積されてしまっている方が多いのです。 ブドウ糖をATPというエネルギーに変換するのは脂肪をATPに変換するよりも工程がいくつか多いため脂肪をエネルギーとして使うよりもブドウ糖をエネルギーとして使う方が難しいといわれています。 日本人は欧米人とくらべて炭水化物の摂取量が多いのでブドウ糖(炭水化物を消化したもの)が上手に使えない体質だと太りやすくなってしまうといわれています。 コエンザイムQ10は、筋肉に運ばれた遊離脂肪酸が筋肉の細胞内にあるミトコンドリアでATPというエネルギーに変えられるのを助ける働きがありますので、より効率的なエネルギー消費(これらのサプリメント摂取で体温が若干上がることが確認されています)が可能になり、高いダイエットカロリーコントロールの効果を期待できます。 マルチビタミンと一緒に摂取することで、ビタミンBなどが補給され、脂肪の燃焼効率を上げることも可能です。 コエンザイムQ10は、脂質を酸化させやすい活性酸素であるスーパーオキシドイオンと一重項酸素を先ほどの工程で中和する働きを持っています。 コエンザイムQ10自体は脂溶性のため、脳の中に入り込むことができ、活性酸素が脳細胞を酸化するのを防ぐため、痴呆の防止が期待できます。 また、生活習慣病も発生の原因の90%が活性酸素といわれていますので、抑制効果が期待できます。