ルテイン (カプセル)ルテイン(Lutein)ルテイン(Lutein)

奇跡のルテイン(カロテノイド成分)の個人輸入 ルテイン(カロテノイド成分)ルテイン(Lutein)の個人輸入承ります

ルテイン( Lutein )


ルテイン( Lutein )

ルテイン (カプセル)目の疲労・老化現象に。目の潤いと網膜保護にお役立てください。目の乾燥/目の病気/視覚障害に

成分のゼアキサンチンは、網膜の中心部分に含まれている主要なカロチノイドです。
ゼアキサンチンは、ルテインの中に自然に存在しています。
ルテイン( Lutein )

目の血液の循環のエージェントと天然カロテノイドは網膜の重要成分



ルテイン( Lutein )

150 カプセル


写真の色・デザインについて
新発売品等には従来品と多少違う事があります。

ルテイン(純粋なルテイン)目の健康サポート
ルティン不足は血液の循環の悪くなり、表面が乾く事で, 細菌も入り易くなります。目の疲労・老化現象にルティン LUTEIN 目の網膜の重要なカロテノイド成分

ルテインの成分は、カロテノイドです。
人体では、網膜の中心部「黄斑」に存在しています。(網膜は、目の中で光を感じる部分です。)目に起こる老化現象はレンズ部による老眼だけでなく、画像を映し出す網膜部にも起こります。網膜の中心にある黄斑部とよばれる最も敏感な部分に異変が生じると目が見えなくなります。

ルテイン( Lutein )

ルテイン( Lutein )

ルテイン( Lutein )

150 カプセル
Member's Mark Made In U.S.A
成分1カプセル当り:
ルテイン (ゼアキサンチン 160mcg) 20mg
網膜の中心部分に含まれている主要なカロチノイドです。ゼアキサンチンは、ルテインに自然に存在しています。
1回1粒、1日2回を目安に食事と一緒に、お水またはお茶などでお飲み下さい。
詳しくはヘルスケア専門家の指示に従ってください。又は医師にご相談ください。
他のサプリメント類等と併用されても問題ありません。
1ius_13110 お子様の手の届かないところに保管してください。
涼しく乾燥した場所で保管してください。

ルテイン( Lutein )




価格についてもこちらをご覧下さい。




ルテイン(純粋なルテイン)目の健康サポート

ルティン不足は血液の循環の悪くなり、表面が乾く事で, 細菌も入り易くなります。
目の潤いと保護にお役立てください。
目に起こる老化現象はレンズ部による老眼だけでなく、画像を映し出す網膜部にも起こります。
網膜の中心にある黄斑部とよばれる最も敏感な部分に異変が生じると目が見えなくなります。

眼球に潤いと清涼感を与える成分が配合され、 ドライアイ・乾燥やひりひり痛む目の違和感を緩和します。目の健康を脅かす空気汚染から目を保護して、充血や眼精疲労などの目の疲れを癒してくれる製品です。 最近、特に顕著に目立つ、ドライアイにも有効性が証明され多くの人から好評を得ております。眼機能に効果的なルテイン配合であらゆる眼疾患を予防し、あなたの目をいつまでも健康に保ちます。 ルテイン(純粋なルテイン)目の健康サポート、

ルテイン(純粋なルテイン)目の健康サポート





美容サプリ

  エルドパククリーム Eldopaque エルドキンクリーム Eldoquin  HGH Doctor's Human Growth Hormone HGH(人成長ホルモン) ドクターズ HGH リキッド 成長ホルモンHGHジェル 総合成長ホルモンHGHクリーム 威龍(イリュウ Weilong)  ケロコート kelocote_scargel   カイネレースクリーム kinerase ラティッセ Latisse まつ毛 ルミガン Lumigan 緑内障治療点眼液 メラロン・クリーム 美白Melalong ミノキシジル 育毛剤(女性用・男性用) オキシトシンスプレー オキシトシン(リキッドトラスト)PEA フェニールエチルアミン(恋愛ホルモン) ポラリス 発毛剤 飲用女性ホルモン剤 プロゲステロン Progesterone プロゲステロン・クリーム プロゲスト・クリーム プロゲスト男性用クリーム Progest_men スカースムース Scarsmooth メダーマ・スカージェル 7-KETO DHEA スーパー DHEA トレチノイン・クリーム(レチンAクリーム) シャー ブレスト・クリーム豊胸クリーム ナチュラル・カーブジェル(バストアップジェル) ミント・アシュアー(ブレスケアー) ニップル ピンク クリームNipple Pink Cream アブレバ(Abreva)クリーム:口唇ヘルペス レチノ-ル0.5% ピクノジュール( Pycnogenol) パイン(Pine)松樹皮 ピクノジュールスプリーム ( Pycnogenol Supreme) アンチ・エイジング・コラーゲン3タイプ(Anti-Aging Collagen 3TypeT、U、V)ドクター・ベネッサ(Dr. Venessa)- プロゲステロン・クリーム Progesterone Cream  サインバーン (SyneBurn) スリム・ティー トリムコアー(Trim core) サクランボ・アントシアニン濃縮アントシアニン エスターC 1000mg (Ester C)高吸収型ビタミンC 女性ホルモン レチノ-ルAクリーム レチン-A (レチンAクリームRetin-A HGH(成長ホルモン) レジューブ・ナイトクリーム(Rejuve Night Cream) ハイドロキノン・クリーム 4% ピクノジュノール肌を若々しく ユーロピアン・レッグ・ソリューション メライト・フォルテ(スキン・ブリーチ用クリーム) リニュウ・エイジン代替療法アンチ・エイジング パバ(PABA) サンピル(SunPill) 睫毛育毛剤  育毛剤 レバイタ ラッシュ ゼントロピン( Xentropin) クリニックでアンチエイジングの治療として用いられているゼントロピンです。 HGH (成長ホルモン)  レチノール( Retinol ) 1.5% レチノール5%(現在、レチノール配合製品では最高濃度の5%) レチノール・クリーム 5%( Retinol Cream) 5% アミノジェネシス『カウンタークロックワイズ フォトラゲンAGF(Photolagen-AGF) FGFセーラム (FGF) 敏感肌用ストリ・ベクチンSDセンシティブ ストリベクチンSDBOTOX コラーゲンゴールド・セーラム L-グルタシオン C エラスティン・ファーミングクリーム プレグネノロン・ジェル グリコリックピーリング30% 溶液 グリコリック酸( Glycolic Acid)ピーリング溶液 ピュアー・ホウェイ・プロテイン メタボ・サージ( MetaboSurge) オキシトシン・ボディースプレー バイパー・トックス(Vipertox)顔面収縮(表情皺) 体毛ブリーチイング脱色剤 アンダーアイセラピー メラトニン・クリーム(Melatonin Cream) ヒアルロン酸クリーム イーシー(E'shee Clinical Esthetic)ジーンセラピー(遺伝子治療FGF1,6)配合美容液 ダイマバーン・エクストリーム スピルデックス(SpirDexEnergy) Skin Ceutical OBAGI Osmotics Dr.Perricone  Z.Bigatti Re-Storation  Jason C処方 Jason Sea Skin Medica Kinerase(ICN) Glyderm Dr. Brant 【Janson Beckett】  ROC 低刺激性化粧品ロック Roc  OLAY 




トップページ サプリ 1         10 11 パワーサプリメント 美容・ダイエット アロマセラピー リンクサイトへ
お申し込み IQサプリ1  美容・歯科漂白 医療用きのこ マイクロライト
お問い合わせ 目の健康(ドライアイ) スポーツ サプリ アミノ サプリ CoQ10 アルファリポ酸
新製品ダイエットサプリ 黒髪・育毛サプリ 美白1  美白2 漢方



感染症情報  国立医薬品食品衛生研究所 国立がんセンター 厚生労働省 国立国際医療センター メンタルヘルス・アイ  健康・医薬(日経NETへ参照) ドラッグナビ・医薬(日経NETへ参照) サプリメントナビ(日経NETへ参照) 国立感染症研究所 感染症情報センター   病院検索ポータルサイト 健康ホームページ(NHK)  おくすり110番 医薬品検索  (財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所   (財)東京都老人総合研究所     




R-リポ酸   CoQ10(コエンザイムQ10) アミノ酸ANINO 記憶の力ブレイン・ライトニング メンタル・エッジ 
メガ・マインド ハイアーマインド  フォスファチジルセリン ビンポセチン GABA  ビンカミン ) BCAA HMB  
クレアチン・キャップ AMINO 2000 ノックス クレアピュアーCreapure Creatine Monohydrate  
その他、多数ありますが今後、さらに充実させてまいります。


ルテインは、摂取すると眼や心臓、肌、また乳房や子宮頸部の健康を維持できると研究は示しています。また、これらの知見をさらに掘り下げるため、多くの大学・研究機関でルテインの研究が行われています。ルテインとβ-カロテンが長波長紫外線(UVA)のダメージから効果的に細胞を守る可能性を論証しています。ルテインと心臓:ルテインは「善玉」コレステロールである高密度リポ蛋白質(HDL)に含まれており、低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロールの酸化を防ぐと考えられています。Circulation における1994年の研究では、フランス人に心疾患率が低い原因のひとつにホウレンソウなどルテイン含有量が多い食品の摂取が挙げられています。眼機能に効果的なルテイン配合であらゆる眼疾患を予防し、あなたの目をいつまでも健康に保ちます。 ルテイン:カロテノイド,カロチノイド(純粋なルテイン)目の健康サポート

ルテインのカロテノイド成分(純粋なルテイン)目の健康サポート



ルテインとは?・ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロチノイドルティンとゼアキサンチンであるため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています。水晶体・黄斑部のルテインの量が少なくなると、白内障・加齢黄斑変性症(AMD)といった眼病の一要因になることも確かめられています。身体のその他の部位の健康を維持する作用を解明するための研究も近年増加の傾向にあります。ルテインとゼアキサンチンはよく似た性質を持つ成分(異性体:同じ分子式をもちながら、異なった物理的・化学的性質をもつ化合物。分子内における原子の配列の仕方が異なるために起こる)ですが、抗酸化剤としての製品への利用を考えるとき、ルテイン利用のケースがゼアキサンチン利用を大幅に上回ります。ルテインが代謝されるとゼアキサンチンになりますが、ゼアキサンチンからルテインには代謝されず、「ルテインあるところにはわずか数パーセントのゼアキサンチンが存在する」ということがわかっています。したがって、当情報局では、特にルテインとゼアキサンチンを併記する必要がないと判断した場合、単に「ルテイン」とのみ記しております。 ルテインは、光そのものを遮る役割があります。また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、抗酸化作用によってこれを防止します。すなわち、ルテインは遮光および抗酸化によって、「光防御における二重ブロック」を行っています。しかしながら、ルテインの光防御はこれだけにとどまりません。ルテインは青い光を吸収するという性質を持っています。日常的に高エネルギーの青い光にさらされていることになります。特に眼は、外界に対してむきだしの臓器ですから、青い光からのダメージを直接受けることになります。※水晶体と黄斑部にはルテイン・ゼアキサンチンしか存在しないルテイン不足は眼疾患につながる。外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。これら部分にはカロテノイドのうち、ルテイン・ゼアキサンチンしか存在していません。ルテイン・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っているのです。では、もしも水晶体と黄斑部にルテイン・ゼアキサンチンが不足したらどうなるでしょうか?水晶体においては白内障・黄斑部においては加齢黄斑変性症といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。加齢黄斑変性(AMD)は、年齢とともに物が歪んで見え、最後には失明の可能性がある恐ろしい眼疾患です。欧米では失明原因の上位にランクされ、日本でも近年急増しています。また、白内障などの眼病は長期にわたって進行するため、予防が重要になります。60〜70歳代でAMDと診断されるまでに、20年以上も病気を患っていた可能性があります。ルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。そのため、ルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。研究によって、ルテインなどの食品カロテノイドがさまざまな形で視力を改善することがわかっています。ルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。そのため、ルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。ルテインとゼアキサンチンは網膜に存在する主な抗酸化物質であるとの研究結果が出ています。黄斑は水晶体の真後ろ、網膜の中心部に位置します。おびただしい数の細胞で形成されるごく小さな部分で、読書したり物体をはっきりと見るために必要な高解像度視力を生みだす助けとなります。黄斑色素が網膜を守ると考えられ、眼の健康状態は黄斑色素濃度によって測られてきました。AMDに罹患している人は、そうでない人と比べ黄斑部のルテインレベルが低値です。黄斑色素には食餌からのルテイン摂取が必要と考えられています。ルテインのサプリメンテーションは、血清中のレベルと黄斑色素密度を上昇させました。ヒトの代謝がルテインを適切な量のゼアキサンチンに転換させることから、ルテインはルテインとゼアキサンチン両方を得るために重要なカロテノイドとされています。ルテインのサプリメンテーションは、血清中のレベルと黄斑色素密度を上昇させました。ルテインは有害な青色光を阻止することにより網膜を保護しています。ルテインは網膜細胞の酸化損傷の増加を抑制します。ルテインは有害な青色光を阻止することにより網膜を保護しています。ルテインとゼアキサンチンが豊富な食餌はAMD患者の視覚機能を改善します。1日約6mgのルテインを含有する食餌の摂取がAMD発症を57%低下させたことから、AMD罹患リスクを低減させるためにルテインが豊富な食餌が推奨されるようになりました。抗酸化物質はAMDの進行を遅延させるため、既にAMDが発生している患者でも摂取量を増やすことが奨励されています。ルテイン及びルテイン+抗酸化剤の処理群における黄斑色素光学密度(MPOD)の平均値は、両群ともプラセボ群と比べ50%増加しました。両ルテイン処理群は、遠見視力・近見視力、グレア(眩視)回復機能(GR)、コントラスト感度(CSF)を含む複数の視機能測定においてプラセボ群と比べ統計学上有意な改善が認められました。交叉試験、二重盲検交叉試験及び処理前後の映像診断は、客観的所見でみられた改善と一致しました。ルテインとゼアキサンチンのみが水晶体に蓄積するカロテノイドで、またこれらは別の幾つかの眼組織にも存在しますが、その濃度は、他のカロテノイド濃度よりはるかに高いことが明らかにされています。ルテインとその酸化代謝物は、水晶体をはじめとする他の幾つかの眼組織に、他のカロテノイドをはるかに上回るレベルで特異的に蓄積することが明らかになりました。生体内のルテインレベル上昇は、水晶体の不透明度低下と関連しています。ルテインゼアキサンチンを豊富に含む食餌は、白内障の発生リスクを軽減することができます。体内のルテイン濃度の上昇は、水晶体の光学密度の低下および白内障のリスク減少と関連しています。ルテイン(カロテノイド,カロチノイド)とゼアキサンチンは核性白内障の発生に対して保護的な作用を及ぼします。ルテインが豊富な食餌の摂取は白内障の発生を遅延させます。