オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)オメガ3(Omega 3)オメガ3

奇跡のオメガ3(Omega 3)の個人輸入 オメガ3脂肪酸フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)オメガ3(Omega 3)の個人輸入承ります

オメガ3脂肪酸フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)


オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)

オメガ3フィッシュオイルの成分でコレステロールを減少。
最近の研究によると、オメガ3系脂肪酸を不足させた子供は、行動や学習に問題を生じやすく、注意欠陥、ハイパーアクティビティ障害(ADHA)を起こしやすいことが分かってきました。心臓病、特に不整脈の危険性が高い場合にも、オメガ3系脂肪酸(EPA・DHA)をサプリメントで十分に補っておく必要がある。
主成分:EPA エイコサペンタエン酸 DHA ドコサヘキサエン酸 オメガ 3脂肪酸、 
オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード心臓病や、冠状動脈症に

オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)


新オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード


オメガ3ヘルスガード(Omega 3 FishOil Health Guard)

自然なオメガ3(脂肪酸)のトリグリセリドを供給します。 心と身体を健康に保つために理想のサプリメント商品です。オメガ3脂肪酸は、人間の体内ではつくることの出来ない栄養素で、深海に生息する魚が持っている成分です。オメガ3は脳や神経系統、目の健康に欠かせないEPAとDHAを大量に含んでいます。
オメガ3は、脳や目の網膜の中にある最も豊富な脂肪であるDHAがコレステロールを減少させ血栓を防ぎ血管内の血液の流れをよくする成分オメガ3です。


ドライアイが原因で目が真っ赤になる目の充血は薬で治まるけれど、目薬を試してみたけれど一向に良くならない。オメガ3脂肪酸は、うつ病、記憶力、ドライアイ、近視、肌荒れなどに関連しているという研究結果があることが判明しました。コンピューターの長時間の使用や、屋外の紫外線は目に負担をかけます。
ドライアイの予防対策:
コンピューターを長時間使用すると、瞬きの回数が減ります。 特に女性は加齢と共にホルモンの関係で涙の量が減り、ドライアイになりがちです。フィッシュオイルやオメガ3など、涙を作るのを促す働きがあるサプリメントを取るようにすると、ドライアイの改善に効果があります。 

オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)

オメガ3ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)

オメガ3脂肪酸フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 FishOil Health Guard)

1000mg 150 caps, 400 caps/ 大ボトル
GoodHealth Inc.nz(AU)
1粒当り: 1000mg
Natural Fish Oil Omega-3 (1000mg)
EPA エイコサペンタエン酸(Eeicosapentaenoic acid EPA) 180mg
DHA ドコサヘキサエン酸 (Docosahexanoic acid DHA) 120mg

d-alpha-tocopherol (as antioxidant)
1日、1〜2粒を目安に、コップ1杯の水と一緒に食後にお召し上がりください。
 (日本人は欧米人に比べ小柄ですので、1粒でも十分です。)
何度かに分けてお召し上がりください。
他のサプリメント類等と併用されても問題ありません。
gould お子様の手の届かないところに保管してください。
涼しく乾燥した場所で保管してください。

オメガ3フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)




価格についてもこちらをご覧下さい。


オメガ3脂肪酸フィッシュオイル・ヘルスガード(Omega 3 Health Guard)

必須脂肪酸と呼ばれる人間に必要な数々の脂肪酸は体内では作り出せないため、食事から摂取する必要がありますが、普段の食事で肉が多い方、魚をあまり食べない方にはオメガ3がおススメです。 オメガ3はイワシ・サバ・ブリ・マグロなどの青魚に多く含まれています。

DHAは脳や神経細胞に多く存在し、脳や神経細胞が機能するために重要な役割を果たしています。またDHAは老化による記憶力低下や視力低下や痴呆などにも効果が期待されています。
心臓疾患や動脈硬化などの生活習慣病対策としてアメリカでも広く知られているサプリメント EPA・DHA含有精製魚油
 
ドライアイが原因で目が真っ赤になる目の充血は薬で治まるけれど、原因のドライアイは眼科で頂いた目薬を試してみたけれど一向に良くなる気配なく。オメガ3脂肪酸は、うつ病、記憶力、ドライアイ、近視、肌荒れなどに関連しているという研究結果があるフィッシュオイル(オメガ3)がドライアイに効くことが判明
コンピューターの長時間の使用や、屋外の紫外線は目に負担をかけます。こうした刺激をなるべく減らし、目の負担を軽くして、いたわることが大切です。 仕事でやむを得ずコンピューターの前で長時間過ごす場合は、15〜20分おきに短い休憩を取って15〜20秒間上を見上げ、目の筋肉をリラックスさせます。1時間に1回はコンピューターから離れて休憩を取るようにしましょう。コンピューターのモニターを目の位置よりやや下にすると目の負担が軽減されます。
ドライアイの予防対策:
コンピューターを長時間使用すると、瞬きの回数が減ります。目薬を数時間おきに使用することで、目の乾きを防ぐことができます。 特に女性は加齢と共にホルモンの関係で涙の量が減り、ドライアイになりがちです。
フィッシュオイルやオメガ3など、涙を作るのを促す働きがあるサプリメントを取るようにすると、ドライアイの改善に効果があります。 

DHA & EPA
ドコサヘキサエン酸&エイコサペンタエン酸
魚の油から摂れる成分ドコサヘキサエン酸(DHA) とエイコサペンタエン酸(EPA)を配合。DHAは、脳細胞の情報伝達機能を果たすアンテナ部分に含まれている成分で、このアンテナを強化することで、脳細胞はその情報発信量を増やしていきます。頭を良く使う仕事の方、受験生、目を良く使う方(パソコン、テレビ等)、コレステロール値の高い方などにおすすめ。
DHAとは

脂肪には、体内で作ることができず食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸があり、その代表的なものが、リノール 酸とリノレン酸です。DHAはリノレン酸に属します。
リノール酸は食用油のほとんどに含まれ、比較的、普段の食生活で摂取しやすいものですが、リノレン酸を多く含む食用油は菜種油と大豆油などしかなく、魚を食べる機会が減っている現代食生活において、私たちはDHA摂取が不足気味と言われています。
DHAとEPAは、オメガ3脂肪酸に属し、これは植物油から摂取した場合、体内でのDHAとEPAへの変換は活発に行われません。植物油から摂取したオメガ3脂肪酸はアルファリノレン酸で、次の5段階のオメガ3脂肪酸に変換されていきます。
オクタデカテトラエン酸―エイコサテトラエン酸―EPAードコサペンタエン酸―DHA
魚はこの変換を自身の体内で行っているため、魚からは直接、DHAやEPAを摂取できます。

◆DHAの働き◆

DHAは、体内でも特に脳や網膜に多く含まれています。そして、人の成長の段階でDHAが脳や網膜に最もよく吸収利用される時期は、人の脳神経系の発達する胎児期末期から2歳頃と言われています。このことから、DHAは脳や神経系の発達と活動に重要な役割を持つ成分であると考えられています。
更に、DHAは成人病(高血圧、動脈硬化、肥満、痴呆、癌など)予防に対して様々な効果を持つことが最近の研究で明らかになってきました。 また、必須脂肪酸はプロスタグランジン*など生体調節に関わる重要なホルモン様物質の原料になり、健康に生活していくためにはリノール酸、リノレン酸などの脂肪酸をバランス良く取る必要があります。
(* プロスタグランジン : 血圧降下、血管拡張、胃液分泌抑制、利尿、気管支拡張、骨吸収、抗腫瘍作用などを持ち、あらゆる臓器、組織において局所ホルモンまたは細胞機能調節インしとして作用している化合物。)

◆脳の仕組みと各栄養素の働き◆

脳に入力された情報は「神経細胞」にあるアンテナ型の樹状突起から受信され、これが軸索の先端のシナプスから次の神経細胞へと伝えられます。脳の神経細胞は体の細胞と違い、出生後は分裂も増殖もしません。その代わり個々の軸索と樹状突起を増やす事で、情報伝達の働きを高めていきます。
●DHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚の油から摂れる成分で、この軸索と樹状突起を作っている細胞の材料として使われ、それぞれを増やして情報伝達の働きを高めます。また、シナプスを柔らかく保ち、情報伝達物質の放出量を増やす役目もします。
●大豆レシチンは、正確にはホスファチジル・コリンと言い、体内でアセチル・コリンと言う物質に変わります。このアセチル・コリンが、上で述べたシナプスから隣の細胞のシナプスへ運ばれる情報伝達物質の役割を果たします。
●ロイヤルゼリーもこのアセチル・コリンを多量に含む事で知られており、ミツバチの行動の源となっています。
●ギンコ ビローバは、その活性成分GINKGOLIDEとFLAVONOIDESが血流をスムーズにし、体内で最も酸素を必要とする脳へ十分な酸素の供給をすることにより、脳細胞が活発に働く様作用します。





オメガ3の働き
 心臓病、高血圧症、冠状動脈症、免疫系統減弱、痴呆症、脳と目の成長
 神経系統の保護 生殖機能 心臓病のリスクを減らし危険な血餅を防ぐ 高齢者の脳の働きの改善 乾せん症などの皮膚の症状の緩和 ガンの予防に、集中力を高めるために、炎症性疾患、赤ちゃんや子供の発育に など

オメガ3脂肪酸を含んでいる魚や堅果が心臓血管病、慢性関節リウマチ、高血圧、がん、炎症性腸疾患、ぜんそくそして自己免疫疾患を防止することが発見されています。

オメガ3カプセルは、新鮮な深海魚からとれる油を精製したものです。これらの魚油の主要成分は、EPA (エイコサペンタエン酸)及び、DHA (ドコサヘキサエン酸)です。体内中では、十分な量のDHAやEPAが造られない為、私たちはこれらを食べ物から摂取しなければなりません。
日本人は魚を食べている方大丈夫 と思われる方もおられると思いますが
残念ながら 私達が普段口にする タラ カレイ、カニ、 エビなどの脂肪分の少ない魚介類には
油ののった魚介類の10分の1のオメガ3しか含まれません

では てんぷらなど油で揚げたらどうかというと サラダオイルで揚げた魚は 
オメガ3よりオメガ6脂肪酸やトランス脂肪酸を多く含んでいます

とりたくてもなかなかとれない オメガ3
このオメガ3を手軽にとれるようカプセルにしたのが 今回ご紹介するこのオメガ3 なのです

1.心臓病や高血圧症、冠状動脈症に                            
  EPAは、血圧や心拍及び神経系統を調節し、血液中にある血小板(血液を凝固させるもの)の量を抑えます。このことにより、血栓ができるのを防ぎ、コレステロ−ルを減少させ血管壁への沈着を抑えるため血管内、特に心臓の細毛血管内の血液の循環を良くします。血小板が多過ぎると、血液の循環が悪くなり心臓病や高血圧、冠状動脈症の原因になります。
  グリ−ンランドに住むエスキモ−達の心臓病発生率が極めて低い理由の一つに、彼らが食べ物から大量の魚油を摂取するという事が挙げられます。

2.赤ちゃんや子供の発育に
  オメガ3は子供の発育に極めて重要です。DHAは脳組織や目の網膜の主要成分です。DHAは  脳組織や目の網膜、心臓及び血管の発育、発達を助けます。これから赤ちゃんが欲しいと計画されている方は特に、オメガ3が十分に摂取されているか注意しなければいけません。オメガ3はまた、 免疫効能、子供や青年の健康な発育も助けます。もし、妊娠中にオメガ3が不足すると、生まれてきた子は中枢神経や免疫系統が健康に発達せず 長時間勉強した際に情緒が不安定になったり、免疫系統が不調になります。その為、カナダ政府は新生児のミルクにオメガ3を入れるよう指定しています。
現在ニュージーランドの新生児の粉ミルクにといて飲む様 このオメガ3がついています
3.炎症性疾患に
  炎症は不飽和脂肪酸であるアラキドン酸によるエイコサペンタエンの 生産過多によって起こります。EPAとDHAを含むオメガ3はアラキドン酸をバランス良く保つため、炎症を防いだり抑えたりします

4.ガンの予防に
  動物を使ったガン研究でオメガ3は乳ガンや皮膚ガン、前立腺ガン及び 肺ガンなどの進行を抑える働きがあると報告されています。ガン物質を動物脂肪やコ−ン油からなる食物を主食とする動物に注入したところ、魚油を大量に摂取するとガンの発生率が低くなるという結果がでています。また、無抵抗力な鼠にガン物質を注入したところ、魚油がガン細胞の成長を抑えたとも報告されています。
  
5.オメガ3は以下のような病状の方に効力があります。
  a) 痴呆症
  
脳の60%は脂肪であり 脳や目の網膜の中にある最も豊富な脂肪は
  
DHAであると研究で指摘されています
  
DHAの低下は 視力、気分、記憶障害やその他神経が関連する機能に影響を与えます
  

   b) 糖尿病
   c) 頭痛や偏頭痛
   d) 免疫系統減弱
   e) リウマチ

近年、世界保健機関(WHO)でもオメガ3の重要性について討論されてきています。ここでも、特に心臓病を減らすためや妊婦がバランスよく栄養をとるためにオメガ3を摂取することを薦めています。イギリスでは健康のため一日1.25mgのオメガ3を摂取すべきだと指摘しています。

服用用法:
  一般的に成人は毎日朝食時に1から4カプセル、子供は1カプセル。高血圧症、コレステロ−ル値の高い方、
  心臓病をお持ちの方は4カプセル服用してください。

  1日3gまでの摂取はグルコースの体内調節を正常にしますが
  それ以上の摂取は逆にグルコースの体内調節乱すことがあるので
  糖尿病患者の方は1日に 3g以上飲まないようにして下さい。 

関連商品
商 品 名 詳細は写真をクリックして下さい  商 品 名 詳細は写真をクリックして下さい
 

 鮫の軟骨(Shark Cartilage)

鮫の軟骨(Shark Cartilage)シャークカーティレイジ 100caps鮫の軟骨(Shark Cartilage)シャークカーティレイジ 100caps 

シャークカーティレイジ
コンドロイチン豊富なサメ軟骨
この軟骨には成分のムコ多糖体(コンドロイチン硫酸)が多く含まれています。ムコ多糖体は、健康や美容に重要な役割を果たしています。
 鮫の軟骨(Shark Cartilage) 

鮫の軟骨(Shark Cartilage)シャークカーティレイジ 400caps鮫の軟骨(Shark Cartilage)シャークカーティレイジ 400caps 

 サメ軟骨の主成分は、タンパク質(コラーゲンを含む)とコンドロイチン硫酸(ムコ多糖)、カルシウムで構成されています。

 フィッシュ・オイル(Fish Oil)

フィッシュ・オイル(Fish Oil) フィッシュ・オイル(Fish Oil)
DHA & EPA を含有してます。 (ドコサヘキサエン酸&エイコサペンタエン酸) 脳や目の網膜の中にある最も豊富な脂肪であるDHAとコレステロールを減少させ血栓を防ぎ血管内の血液の流れをよくします。

 フコキサンチン(Fucoxanthin)
フコキサンチン(Fucoxanthin)フコキサンチン(Fucoxanthin)

色素はカロテノイドとよばれています。活性酸素を除去する《抗酸化作用》が広く知られています。
中性脂肪低下作用、内臓脂肪低下作用 

 

 マカ・スプリーム(Maca Supreme)

マカ・スプリーム(Maca Supreme)マカ・スプリーム(Maca Supreme)
スタミナを高め、ホルモンバランスをサポートするペールーのマカを高濃度で提供します。このマカ根は男性と女性の性と生殖に関する健康をサポートするため伝統的に使用されています。マカ有効成分アルカロイド、サポニン、タンニンなどがあります。
 
 アラスカ・フィッシュオイル

アラスカ・フィッシュオイルアラスカ・フィッシュオイル

 DHAやEPAを豊富に含むオメガ3脂肪酸のサプリメント

 

 

 

 Dr, アラスカン・フィッシュオイル

Dr, アラスカン・フィッシュオイルDr, アラスカン・フィッシュオイル
 『フィッシュオイル』それは「魚のオイル」や「魚の脂(あぶら)」と呼ばれているものです。
米国The Dermatology Times (皮膚科学についてのメディア)が、「私達のお肌が衰退化していくのに対し、フィッシュオイルが、色んな角度からそれに対抗し戦ってくれるのだ」という内容の記事を出版しました。

 ヴィリテクス(Viritex) 男性用

ヴィリテクス(Viritex) 男性用ヴィリテクス(Viritex) 男性用
成分:
 ホーニーゴート(淫羊角エピメディウム),  マカ,  トンカットアリ, トリビュラス, ムイラプアマ, マキュナ (ドーパL-Dopa), タミナと性覚醒を、すばやく安全に高めまてくれます。
性生活に刺激を求める方に最適。
 

 海洋性ヨウ素/イオダイン

シー(海洋性ヨウ素)/イオダインシー(海洋性ヨウ素)/イオダイン
 イオダイン(海藻由来ヨウ素)
 1粒で1mgの海藻由来の天然ヨウ素が補給できます。
必要なヨウ素を自然素材から補給することを目的としたヨウ素サプリメントです。

 アスタキサンチン+ホスホリピド

アスタキサンチン+ホスホリピド アスタキサンチン+ホスホリピド

 海洋ホスホリピド、海洋タンパク質およびアミノ酸混合物よりなる群から選択される栄養成分

ホスホリピド(リン脂質)は、優れた親油性の栄養を供給する働きがあり、丈夫でしなやかな肌のために不可欠な成分です。これらの活性成分が、極度に乾燥した肌にうるおいを取り戻し、栄養をあたえます。

 

 鮫の軟骨(Shark Cartilage)

鮫の軟骨(Shark Cartilage) 鮫の軟骨(Shark Cartilage)

 驚異のサメパワー サメ軟骨にはコンドロイチン硫酸が多く含まれていますが、それ以外にもグルコサミン・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの有効な成分が多数含まれています。

 オメガ3・フィッシュ・オイル1000mg

オメガ3・フィッシュ・オイル1000mg オメガ3・フィッシュ・オイル1000mg

 
オメガ3・フィッシュ・オイル(Omega3 FishOil)1000mg     DHAやEPAを豊富に含むオメガ3脂肪酸サプリメント
   

 シリマリン(Silymarin)

シリマリン(Silymarin) シリマリン(Silymarin)

 ヨーロッパで肝臓の健康のために何世紀にもわたって使用されてきたマリアアザミ抽出物シリマリンを配合しました。

 ハート・クリーンズ心臓強化・血液浄化

ハート・クリーンズ(Heart Cleans)心臓強化・血液浄化ハート・クリーンズ(Heart Cleans)
心臓強化・血液浄化

 心筋を強くする働きをする各種ハーブをブレンド:サンザシのエキス別名ホーソーンベリー(西洋サンザシ)、赤ブドウの皮のエキス、 ググリピッド、 コエンザイム Q10、 アスタキサンチン配合してます。
   

 デトックスネート(肝臓と心臓の毒素排除)

デトックスネート(肝臓と心臓の毒素排除) デトックスネート(肝臓と心臓の毒素排除) 肝臓解毒用
サプリメント 肝臓と心臓血管の毒素の排除を助けます。
毒素を排除し、肝臓内と心臓血管系の細胞交換を促進します。

 バイオPQQ

PQQ+バイオPQQ PQQ+バイオPQQ

 PQQ (Pyrroloquinoline Quinone : ピロロキノリンキノン)と言う成分により、さらなる増強を可能にしました。
生理活性物質PQQは、活性酸素消去  活性および神経成長因子(NGF Nerve Growth Factor)の生産促進活性
 

 ホーソーン

ホーソーンホーソーン 臓は、私達が生きている限り、休むことなく働いています。
ホーソンベリーは、サンザシとも呼ばれ、欧米やアジアで古くから親しまれている果実です。 タンニン、プロシアニジン、サポニン、フラボノイドなどが豊富で、サプリメントとして心臓ケアなどに利用されます。

 L-グルタシオン+ミルクシスル

L-グルタシオン+ミルクシスル L-グルタシオン+ミルクシスル

 グルタチオン(Glutathione)の肝臓を支える特性を強化するためにオオアザミ(ミルクシスル)のエキス(シリマリン) および アルファリポイック酸を加えて相乗効果を高めております。

   

 AHCC+セレニウム

AHCC+セレニウム (AHCCPlus+Selenium ) AHCC+セレニウム (AHCCPlus+Selenium )
 AHCCはナチュラルキラー細胞の活性を高めマクロファージの活性化やサイトカイン産生の促進
 セレニウム (セレン)、抗酸化作用はビタミンEの約500倍

  リバーガード

リバーガード リバーガード

 肝臓の機能の維持リバーガード(肝臓強化)

   

 ヨヒンベ樹皮エキス

ヨヒンベ樹皮エキスヨヒンベ樹皮エキス 
 ヨヒンベ樹皮より採取される天然成分ヨヒンベ(ヨヒンビン)樹皮エキス
男性のスタミナの増強、男性性機能増強・精力増強・滋養強壮です。

 ホーニーゴートウィード

ホーニーゴートウィードホニーゴートウィード
 
ホーニーゴートウィードは漢方の世界でインヨウカク(羊淫蕾)の名で知られ、その葉を食べた羊が1日何回も交尾をしたことに由来すると言われています。
 それは男女のセクシャルアクティビティ、性ホルモン、感覚神経、性的欲求を刺激します。
   

 ボスウェリア(Boswellia)天然鎮痛薬

ボスウェリア(Boswellia)天然鎮痛薬 ボスウェリア(Boswellia)天然鎮痛薬

 ボスウェリア(活性テルペノイド成分)は、5-リポキシゲナーゼ活性(5-LO)を維持、ロイコトリエンの生成を緩和させます。抗炎症作用
細胞レベルで健康な免疫機能を維持

 ストロンチウム天然ミネラル

ストロンチウム・ボーンメーカー(Strontium)天然ミネラル ストロンチウム・ボーンメーカー(Strontium)天然ミネラル

 ストロンチウムの摂取は、骨形成を促進し骨吸収を抑制するという2つの作用で骨密度を正常な状態へ導き、また、骨粗鬆症予防に有効であることが確認されています。

   

 セラドリン・ジョイント・カプセル

セラドリン・ジョイント・カプセル( Celadrin Joint ) セラドリン・ジョイント・カプセル( Celadrin Joint )
 
関節炎・関節痛に
 最新の関節サポート成分、セラドリン! 中高年の方々の関節のケアに最適です。

 ムーブ・フリー

ムーブ・フリー(グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸MSM)ムーブ・フリー(グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸MSM)

 関節を有害な酸化(軟骨と関節組織の衰弱を防止・保護する画期的なデュアルビオフラボノイド抗酸化システム

   

 イミューン・ブースト/ 免疫強化

イミューン・ブースト/ 免疫強化 イミューン・ブースト/ 免疫強化
 免疫を強くし、呼吸器の状態を改善する成分:オーガニック・エキナセア根エキス、オーガニック・アセロラ、オーガニック・マイタケ、オーガニック・シイタケ、オーガニック・レイシ、オーガニック・ジンジャー、オーガニック・パパイヤ
 HGH イミューン免疫ブースター
HGH イミューン免疫ブースター HGH イミューン免疫ブースター
成長ホルモンとエキナセア入りの舌下スプレー
HGH若々しさを支える成分。私たちの健康を守る味方ですが、年齢ごとに減少してしまいます。
エキナセア(エキナシア)季節の変わり目や気温が低下する時期の体調管理に役立つとされています。
   

 キャッツ・クロウ 250caps

キャッツ・クロウ 250capsキャッツ・クロウ 250caps
 体の免疫組織を刺激し、体の抵抗力を高めて自然治癒力の活性化を促してくれます。
薬用植物として、関節炎や抗炎症剤として広く飲まれています。

 フォースコーリ(フォルスコリン)
フォースコリ(フォルスコリン) フォースコリ(フォルスコリン)
 コレウス フォルスコリ エキス、フォースリーンの有用成分であるフォルスコリンを高濃度で配合しています。さまざまな健康パワーをもつ植物コレウスフォルスコリの恵みを、1粒に余すことなく凝縮しています。
   
 ウーニャ・デ・ガト/キャッツクロウ溶液
ウーニャ・デ・ガト/キャッツクロウ溶液 ウーニャ・デ・ガト/キャッツクロウ溶液

 キャッツ・クローCat's Claw は、別名:ウーニャ・デ・ガトと呼ばれる南米ペルーのツル状の薬用樹木です。繊維などを全て取り除いた抽出エキス

 モディフィラン(Modifilan)
モディフィラン(Modifilan) モディフィラン(Modifilan)

 フコイダン「海藻食物繊維」世界的研究によって認められたラミナリア・ジャポニカ(Laminaria Japonica)の効能

 
お問い合わせ& 簡易申し込みサイトへ
* ご質問・問い合わせなどを記入ください。
 
 



ジョイント ゾーン バートリル(VIARTRIL) リューマチ・関節炎 ムーブ・フリー 関節・靭帯部分のトラブルに グルコサミン + コンドロイチン    サメの軟骨 深海ザメ肝油 グリーンリップドマッセル リプリノール(ムラサキガイ) オキュダイン + ルティンとミネラル配合 ビジュアル・アイズ  フリクサナーゼ 鼻孔スプレー  アンチオキシダント ジョイント フード マトリックス HGH ヒューマングロースホルモン  ウロベックス ビオチン ハングオーバー(二日酔い防止) マスティカ(ヘリコバクター・ピロリ抗体) 不眠症(シンプリースリープ) メラトニン セレニウム エンゾジェノール プロポリス ティンクチャー ニュトラ・スリープ  ナイト レスト NIGHT RESTぐっすり眠れるGood睡眠を !  セレニウム エッセンシャル・エンザイム オメガ3 ハートガード エンゾジェノール リバーガード肝機能の修復 スーパー マルチビタミン ミネラル 総合ミネラル オメガ3 マリーン フィッシュ・オイル  アシドフィルスプラス トランスファー・ファクター(因子) ウイルスの防御 コンプリート・イミューン感染防御因子  




ムーブ・フリー   グルコサミン + コンドロイチン  ジョイント・リニュー  グルタミン・パウダー   プロ・グリーン ナットウ・ザイム ナットウキナーゼ酵素 ナットウ・キナーゼ  S・O・D スーパーオキシド・ジムターゼ  マルチビタミン + ミネラル + 鉄分 MSM MSM(有機硫黄) リコピン リバーガード肝臓(リバー)の細胞を保護 ラクトフェリン + コロストラム グルコサミン + コンドロイチン + MSM 有機ゲルマニウム  EPA 1000mg (Omega)  MegaEPA 1000mg コンプリート・イミューン感染防御因子 コンプリート・ナーブ  ホワイト・ウイローバーク キャッツ・クロウ熱帯雨林のCat's Claw  モビリーズ  セルリーCelery 、ガンマGamma 、イブニングプリムローズオイルEvening Primrose、フィッシュオイル、オメガ3、EPA/DHA 、デビルズクロー、グレープシードなど有効配合を配合。 ジョイント・モビリティグルコサミン+サメの軟骨を配合 ジョイント フード マトリックス ホースラディッシュ・ガーリック・ダブル 女性用マルチビタミン+イブニングプリムローズ スーパー・ビタミンB エグゼクティブ  カズ・リカバリー体内浄化と肝臓機能  ゼスト-メンズ マルチ ビタミン L-グルタミン ロジオラ天然のリラグゼーション・ハーブ抗うつ作用 新製品プロステートソーパルメット(ノコギリヤシ) エピロビウム1000mgノコギリヤシ サメの軟骨 パイネックス MSM  



グリーン・リップド・マッセル 奇跡の貝
ニュージーランド産緑イ貝(Green Lipped Mussel)
グリーンリップドマッセル

「奇跡の貝」と呼ばれるほど栄養価の高い貝です。
ニュージーランド産緑イ貝(Green Lipped Mussel)メディカル・サプリメント
(学名:Perna canaliculus)は、貴重なETA、DHA、EPAを多く含んでいます。
Green Lipped Mussel 90 caps
ニュージーランド産:緑イ貝(Green LippedMussel)

CoQ10コーキューテン CoQ10(コエンザイムQ10)補酵素 ( ビタミンQ)現在アメリカで最も注目されている酵素です。

シリマリン Silymarin 愈消散(ユショウサン) 片仔廣 へんしこう 雲南田七粉 ( 田七粉 )   ゲイニステン・イソフラボン植物エストロゲン DHA  コンプリート・ニュートリション完璧なサプリメント





トップページ サプリ 1         10 11 パワーサプリメント 美容・ダイエット アロマセラピー リンクサイトへ
お申し込み IQサプリ1  美容・歯科漂白 医療用きのこ マイクロライト
お問い合わせ 目の健康(ドライアイ) スポーツ サプリ アミノ サプリ CoQ10 アルファリポ酸
新製品ダイエットサプリ 黒髪・育毛サプリ 美白1  美白2 漢方


感染症情報  国立医薬品食品衛生研究所 国立がんセンター 厚生労働省 国立国際医療センター メンタルヘルス・アイ  健康・医薬(日経NETへ参照) ドラッグナビ・医薬(日経NETへ参照) サプリメントナビ(日経NETへ参照) 国立感染症研究所 感染症情報センター   病院検索ポータルサイト 健康ホームページ(NHK)  おくすり110番 医薬品検索  (財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所   (財)東京都老人総合研究所     

オメガ3フィッシュオイルは脳機能に必須のDHAドコサヘキサエン酸)とアレルギー反応を抑える効果があるEPAエイコサペンタエン酸)を含むサプリメントです。西洋の食生活が取り入れられると共に動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病と呼ばれる疾患が増えてきました。その大きな原因は日本人が魚を食べなくなったからだと言われています。魚には肉や野菜からは摂取できないEPAエイコサペンタエン酸)やDHAドコサヘキサエン酸)が多く含まれています。
必須脂肪酸と呼ばれる人間に必要な数々の脂肪酸は体内では作り出せないため、食事から摂取する必要がありますが、普段の食事で肉が多い方、魚をあまり食べない方にはオメガ3がおススメです。 オメガ3はイワシ・サバ・ブリ・マグロなどの青魚に多く含まれています。DHAは脳や神経細胞に多く存在し、脳や神経細胞が機能するために重要な役割を果たしています。またDHAは老化による記憶力低下や視力低下や痴呆などにも効果が期待されています。
心臓疾患や動脈硬化などの生活習慣病対策としてアメリカでも広く知られているサプリメント EPA・DHA含有精製魚油  ドライアイが原因で目が恐ろしい位真っ赤になる 目の充血は薬で治まるけれど、原因のドライアイは色々なメーカーのコンタクトレンズや眼科で頂いた目薬のサンプルを試してみたけれど一向に良くなる気配なし。フィッシュオイル(オメガ3)がドライアイに効く
コンピューターの長時間の使用や、海やプールでの紫外線は目に負担をかけます。日頃から、こうした刺激をなるべく減らし、目の負担を軽くして、いたわることが大切です。
 仕事でやむを得ずコンピューターの前で長時間過ごす場合は、15〜20分おきに短い休憩を取って15〜20秒間上を見上げ、目の筋肉をリラックスさせます。1時間に1回はコンピューターから離れて休憩を取るようにしましょう。コンピューターのモニターを目の位置よりやや下にすると目の負担が軽減されます。
 コンピューター用の眼鏡を使用する方法もあります。この眼鏡は表面に特殊なコーティングがしてあり、反射を少なくし、目の疲れを軽減します。ただし、コンピューター用眼鏡を作るには医師の処方が必要です。
 紫外線も目によくありません。特に海岸、プールサイド、スキー場など日光の反射の強い所は紫外線が通常の2倍になります。そういう場所では、紫外線防止効果のあるサングラスやコンタクトレンズを使用して目を保護しましょう。
 また、海水やプールには雑菌や消毒薬など、目によくない成分がたくさん含まれており、目の充血や結膜炎などの確率は格段に高まります。水泳の後は防腐剤の使われていない目薬を使用して、トラブルを予防。
ドライアイの予防対策:
コンピューターを長時間使用すると、瞬きの回数が減ります。多くの場合、冷房が利いた環境でコンピューターを使用するので、ますます目が乾きがちになります。水分を十分補給し、防腐剤が入っていない目薬を数時間おきに使用することで、目の乾きを防ぐことができます。
 涙には目に湿り気を与え、目に入った異物を洗い流すなど、目を保護する大切な働きがありますが、特に女性は加齢と共にホルモンの関係で涙の量が減り、ドライアイになりがちです。フィッシュオイルやオメガ3など、涙を作るのを促す働きがあるサプリメントを取るようにすると、ドライアイの改善に効果があります。
 目の隅に小さなシリコンのプラグをつけて、涙の出方や涙の質を改善する方法もあります。手術の必要はなく、専門医によってその場で簡単に取り付けてもらうことができ、気に入らなければ外してもらうことができます。